トップページ > Mac > 新型iMacは、32インチと24インチにディスプレイサイズを拡大する?
2020年7月9日 12時55分

読了まで 159

新型iMacは、32インチと24インチにディスプレイサイズを拡大する?

iMac-concept-resembling-Pro-Display-XDR-2


 
新型iMacには、30インチ~32インチディスプレイを搭載したモデルと、23インチか24インチディスプレイを搭載したモデルの、2モデルがラインナップされるだろうと、リーク情報で知られるソニー・ディクソン氏(@SonnyDickson)が伝えています。

筐体サイズを維持したままディスプレイサイズを拡大か

New iMac concept
 
新型iMacはPro Display XDRのようにベゼル幅を狭くすることで、現在とほぼ同じ筐体サイズのまま、ディスプレイサイズを30インチ~32インチと、23インチか24インチに拡大した2モデルになると、ディクソン氏は予想しています。
 
現行iMacは、27インチと21.5インチの2つのディスプレイサイズをラインナップしています。新型iMacの発表は近いとも噂されており、それとの関連性は不明ながら、出荷予定日に大幅な遅れが生じていることも伝えられています。
 
また、新型iMacのものと予想される、Intel Core i9-10910 (95W)を搭載した謎のデバイスのGeekbenchスコアも報告されています。

MacBook Proは14インチと16インチの2種類か

14inch MacBook Pro
 
ディクソン氏はMacBook Proについて、13インチモデルはディスプレイサイズを14インチに拡大、16インチモデルは継続すると予想しています。同氏は、これらに搭載されるAppleシリコンは何バージョンも作られず、製品の差別化は搭載するAppleシリコンの個数で行われるだろうと伝えています。
 
例えば、エントリーレベルの「新しいMacBook」はAppleシリコンを1個だけ搭載、バッテリー容量の大きい16インチMacBook Proでは複数個搭載するというようにして、製品の差別化を図る可能性があるとのことです。
 
 
Source:SonnyDickson.com via AppleTrack
Photo:Behance
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる