Apple、A14Xチップ搭載12インチMacBookを今年発売か〜重さは1キロ未満

    macbook

    macbook
     
    Appleが、Appleシリコン搭載の軽量型12インチMacBookを今年中に発売する、と中国メディアThe China Timesが伝えています。

    Retinaディスプレイ採用で重さは1キロ未満

    The China Timesが持つサプライチェーンの情報筋によれば、12インチMacBookはRetinaディスプレイを採用、Appleが独自開発・デザインしたA14Xプロセッサを搭載し、USB Type-C充電で、質量は1キロ未満であるとのことです。
     
    コードネーム「Tonga」のもと開発が進められている12インチMacBookは、バッテリー駆動時間は15時間〜20時間とされており、A14Xプロセッサは次世代iPad Proにも搭載されるようです。
     
    A14Xチップ搭載12インチMacBookの噂が出たのは今回が初めてではありません。7月の報道では、12インチMacBookには第4世代バタフライキーボードが搭載されるとのことでした。

    次期iMac向けのオリジナルGPUも開発中

    A14Xチップは、台湾TSMCの5ナノメートル(nm)プロセスで年内に量産が開始される、と報じられたばかりです。
     
    工商時報によると、Appleは2021年後半に発売予定の新型iMac向けのオリジナルGPUもコードネーム「Lifuka」のもと開発中であり、この製品も同様にTSMCの5nmプロセスで製造されるとのことです。
     
     
    Source:The China Times via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次