トップページ > Mac > WWDCで新型iMacが発表!?ベゼルが薄くなりT2チップを搭載
2020年6月9日 23時35分

読了まで 215

WWDCで新型iMacが発表!?ベゼルが薄くなりT2チップを搭載

iMac-concept-resembling-Pro-Display-XDR-12


 
Appleが、今月22日開幕の世界開発者会議(WWDC 2020)において、新しい「iMac」を発表するとの情報が浮上しました。

ストレージはSSDが標準に

リーク情報で知られるソニー・ディクソン氏によると、新型iMacApple Pro Display XDRと似た狭いベゼルを採用しており、ストレージは現行のハードドライブとFusion Driveは廃止され、完全にSSDへ移行するとのことです。
 
現行のiMacのストレージは、オプションではSSDが提供されていますが、基本モデルはハードドライブまたはFusion Driveとなっています。

T2セキュリティチップとNavi GPUを搭載

またiMacとしては初めて、Appleが開発したApple T2セキュリティチップを搭載します。現時点では、iMac Pro、Mac Pro(2019年)、Mac mini(2018年)、MacBook Air(2018年以降に発売されたモデル)、MacBook Pro(2018年以降に発売されたモデル)がT2チップを搭載しています。
 
さらにディクソン氏は、新型iMacではGPUとして、AMDの新しい「Navi GPU」が採用されるとも伝えています。
 

新型iMacは23インチ?

iMacの外観デザインは長らく変更されていません。2012年モデルでは筐体の端の部分の厚さが5ミリまで薄型化されましたが、この変化は横から見ないとわからないので、正面から見た「黒い、幅広のベゼル」というデザインは、相当な年数、変えられていないことになります。
 
新型iMacについては、リーク情報で知られるジョン・プロッサー氏が5月初めに近日中の発売を予想しています。また台湾の工商時報は4月、廉価版の23インチiMacが今年第4四半期(10月〜12月)に発売と予想、経済日報は先日、同じく23インチiMac(廉価版とは記していない)が今年後半に発売されると報じています。

 
 
Source:9to5Mac
Photo:Behance
(lunatic)

カテゴリ : Mac, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる