トップページ > iPhone8 > iPhone8の不振が影響、ジャパンディスプレイが680億円の赤字を発表
2017年11月11日 02時33分

読了まで 231

iPhone8の不振が影響、ジャパンディスプレイが680億円の赤字を発表

iPhone8/8 Plus

 
iPhone8/8 Plus用の液晶ディスプレイを製造するジャパンディスプレイ(JDI)は、2017年4〜9月期の損益が680億円の赤字となったことを発表しました。iPhone8/8 Plusの販売が期待ほど伸びないことと、中国メーカー向けビジネスの減速が影響しています。

Appleへの売り上げ依存度が高いJDI

JDIは、売上高の多くをAppleに依存しており、2017年3月期にはAppleからの売上が全体の54%を占めるほど、iPhoneの販売状況が業績を左右します。
 
2016年7~9月期は、iPhone7/7 Plusの販売好調に加え、中国系スマホメーカーへのディスプレイ販売好調で12億円の黒字を記録しました。
 
しかし、2017年4〜9月期は680億円の赤字で、前年の167億円からさらに赤字が拡大したほか、通年の業績は上場以来初の赤字に転落する可能性も指摘されています。

iPhone8の不振、市場のOLEDシフトなど課題山積

今年は有機EL(OLED)ディスプレイ搭載のiPhone Xに人気が集中しているため、iPhone8/8 Plusの売れ行きが期待ほど伸びていません。Appleはすでにサプライヤーへの発注を半減させているとも報じられています。
 
さらに、中国のパネルメーカーによる低価格攻勢、利益率の高い高級モデルの需要減速、スマートフォン市場の中心がOLEDへと移りつつあることも、JDIの業績にとってブレーキとなっています。

2018年のiPhoneは3モデル中2つはOLED、液晶モデルの受注が鍵

JDIは、画面縁のベゼルが狭いフルスクリーンの液晶パネルに期待を寄せており、Appleも関心を持っている、と日本経済新聞は報じています。
 
2018年のiPhoneは3モデルのうち、2モデルがOLEDモデルになり、液晶モデルもiPhone Xのようなフルディスプレイになると予測されており、液晶モデルはLGディスプレイとJDIが供給予定と伝えられています。JDIは、液晶モデルのiPhoneについて、7割以上の受注を目指している模様です。
 
スマートフォンのディスプレイが、ハイエンドモデルを中心にOLEDへと移行する中、JDIのOLED量産開始は2019年で、Samsungなど世界のライバルに出遅れています。しばらくは液晶を武器に戦う必要があるJDIの巻き返しに期待したいところです。

 
 
Source:日本経済新聞
Photo:Apple
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる