トップページ > 最新情報 > iPhone8の需要伸び悩みで、Appleが発注台数を半減か

読了まで 227

iPhone8の需要伸び悩みで、Appleが発注台数を半減か

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone8 iPhone8 Plus
 
iPhone Xが注目を集めるなか、iPhone8/8 Plusの需要が伸び悩んでいます。組み立てを請け負うサプライヤーに対し、2018年第1四半期(1~3月)でAppleがiPhone8シリーズの発注を半減させるのではないか、という見方も一部では登場しています。

発注台数を前期比で半減

もともと第1四半期(1~3月)は例年、時期的な問題からiPhoneの出荷台数が前期比で低調となりますが、とくに2018年第1四半期に限っては、iPhone8シリーズの落ち込みに留意が必要となるでしょう。
 
Yuanta Investment Consultingのアナリストであるジェフリー・プー氏によると、Appleはサプライヤーに対し、2018年第1四半期におけるiPhone8の発注台数を、2017年第4四半期から50%引き下げ、1,600万台ほどに抑えるそうです。一方で、iPhone Xについては、2018年第1四半期の発注台数が4,000万台ほどになると考えられています。

痛手を被るPegatron

これにより、大きな影響を受けるのが、iPhone8/8 Plusの組み立てを中心になって請け負うPegatronです。
 
収益の60%をAppleに頼るPegatronにあっては、iPhone8シリーズの見通しを引き下げられることは死活問題にほかなりません。同じく組み立てを請け負うFoxonnが、需要が好調なiPhone Xを受注しているのとは対照的です。
 
「2018年上半期はPegatronにとって精彩を欠いたものになるだろう」と、Fubon Securitiesのアナリストであるアーサー・リャオ氏も、Pegatronの業績に対して悲観的な見方を下します。「AppleはiPhone8シリーズのオーダーを控え始めており、関心はiPhone Xへと移行している」
 
さらに間の悪いことに、Pegatronは人件費の上昇や、メモリやディスプレイ部品の枯渇などが響き、第3四半期(7~9月)の純利益が前年同期比で32.4%減となったことが報じられたばかりです。
 
Appleがくしゃみをすれば、サプライヤーが風邪を引くといった状況は珍しくありませんが、今回Pegatronが罹った“風邪”は長引くことになりそうです。
 
 
Source:Nikkei Asian Review
(kihachi) 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる