トップページ > 使い方 テクニック > あなたのiPhoneは大丈夫?ストレージの空き容量不足にならないために

読了まで 411

あなたのiPhoneは大丈夫?ストレージの空き容量不足にならないために

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

iPhoneのストレージ容量
 
皆さんのiPhoneは、データを保存するための容量(ストレージ容量)の空きに余裕がありますか?写真や音楽、動画などでいっぱいいっぱいになって、容量がいくつあっても足りない!とお悩みではないでしょうか。
 
写真や動画を撮ろうとして、空き容量がなくて撮れなかった…という悲しい事態にならないためにも、やはりストレージ容量は、常にある程度の空きを確保すると安心できるでしょう。
 

空き容量確保には、定期的に使用状況を確認することが大事

iPhoneの容量は使用している端末にもよりますが、発売されている最新機種のiPhone6s/6s plusでは16GB、64GB、128GBの3パターンの容量があります。
 
128GBもあれば写真や音楽、動画、アプリ…とさまざまなコンテンツを充分に楽しめますが、たまったデータは整理しない限りずっと残ったままです。使わないデータをバックアップに回したり、使用していないアプリは削除して、空き容量を増やしていきましょう。
 
空き容量を常に確保するためにチェックしたいポイントは、
 

  1. ストレージの空き容量は定期的に確認する
  2. 写真はクラウドサービスなどを利用し、PCにバックアップして削除
  3. 使っていないアプリ、最近聞いていない音楽は整理する

 
の3点です。
 

ストレージの使用状況を確認する手順

iPhoneの容量をどれぐらい使用し、どれぐらい空いているかは、iPhoneの設定画面から確認することができます。日頃から使用状況をチェックしておけば、容量がいっぱいになる前に気づけるだけでなく、何にどれだけの容量を使っているかが把握できるようになります。
 
またこの設定画面からは、アプリの削除や、iPhoneに取り込んだ音楽の削除なども行えます。定期的にチェックして、使わなくなったアプリや最近聞いていない音楽などは削除してしまいましょう。
 

1
ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」をタップする

 

2
「ストレージとiCloudの使用状況」をタップする

 

3
ストレージの項目の「ストレージを管理」をタップする

 

4
使用状況を確認する

  • 上部の使用済みがiPhone全体の使用容量で、使用可能のところが現在の空き容量です。この容量の分だけ、アプリのインストールや写真・動画の撮影などができます。
  • 下にはアプリごとの使用容量が表示されます。各アプリをタップすると、アプリごとの使用状況の詳細が確認できます。
  •  

    5
    各アプリの使用状況を確認する
  • 各アプリの使用状況では、そのアプリ自体の使用容量と、「書類とデータ」の項目にはセーブデータなどの使用容量が表示されます。
  • 使わないアプリは、この画面から「Appを削除」をタップすることでも削除できます。ただしセーブデータなども一緒に消えるので、削除する際はよく検討してから行ってください。
  •  

  • ミュージックアプリの項目では、iPhoneに入っている音楽の使用容量が確認できます。
     
    アーティストごとの表示のほか、アーティストをタップするとアルバムごとの使用容量が表示されます。さらにアルバムをタップすると、曲単位の使用容量が分かります。
  • 写真はクラウドサービスなどを利用してPCにバックアップ

    また、iPhoneのカメラで撮りためた写真は、ストレージ容量を圧迫しがちです。しかし思い出もいっぱい詰まった写真。容量の削減のためとはいえ、削除したくないものも多いと思います。
     
    そんな大事な写真は、「フォトストリーム」や「iCloud」などのアップルのサービス、また「Googleフォト」や「Amazonプライムフォト」といったクラウドサービスを利用して、PCへバックアップを取りましょう。バックアップが完了すれば、iPhoneに残しておきたい写真以外は削除しても大丈夫なので、使用容量の削減ができます。

     

    使っていないアプリは削除!必要なときに再度ダウンロードしよう

    しばらく使っていないアプリは削除して、空き容量を増やしましょう。購入した有料アプリは、アプリ自体を削除しても必要な時に再度インストールできます。例えばiPhoneを機種変更しても、同じApple IDでログインすれば再インストール可能です。
     
    iPhoneのストレージ容量
     

    iPhoneに入れている音楽や映画を整理しよう

    また、音楽や映画などのビデオも、iPhoneの容量を圧迫する要因の一つです。iPhoneに残すのはよく聴くもの・よく見るものに絞り、最近聞いていない音楽や最近見ていない映画は整理しましょう。ただし自分で音楽CDから取り込んだものは、再度パソコンのiTunesから転送する必要があるので、音楽を整理する際は注意してください。
     
    なお、iTunes Storeから購入した音楽やビデオであれば、アプリと同様、削除しても再度ダウンロードすることができます。再ダウンロードする手順は以下の通りです。
     

    1
    iTunes Storeを起動し、「その他」をタップ→「購入済み」をタップする

     

     

    2
    音楽は「ミュージック」、ビデオは「映画」をタップ

     

    3
    音楽:再ダウンロードしたい曲をタップし、ダウンロードボタンをタップ

     

     

    3
    映画:再ダウンロードしたい映画をタップし、ダウンロードボタンをタップ

     

     

    そのほか、iPhoneの本体容量が16GBでも、安心して空き容量を確保できるテクニックを紹介していますので、こちらも参考にしてくださいね!
     
    iPhone本体のストレージ容量は後から増やすことはできませんが、空き容量はデータを整理することで増やすことができます。便利なクラウドサービスも続々提供開始されているので、うまくいろんなサービスを活用しましょう!

     
     
     

    いつもシェアありがとうございます
    Twitter

    Twitter

    Google+

    g+

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる