トップページ > iPhoneの使い方 > iOS11新機能 > 【iOS11】使用していないアプリを「Appを取り除く」で自動削除する
2017年9月1日 00時00分

読了まで 213

【iOS11】使用していないアプリを「Appを取り除く」で自動削除する

iOS11で、使用していないアプリを自動削除する設定をしたい

A.

iOS10までは、使用していないアプリが端末内にあっても、自動的に削除などはされませんでした。データの整理のためにアプリを削除するには、ユーザーが手動で消すアプリを探し、削除する必要がありました。
 
iOS11からは、使用頻度の低いアプリを削除する設定「非使用のAppを取り除く」が追加されました。これにより、長期間使用していないアプリは、自動でホーム画面から削除されます。
 
気になるのはそのアプリに関するセーブデータなどですが、すべての書類とデータは保持されたまま削除される仕組みです。そのため、そのアプリがApp Storeで公開されているのであれば、いつでも再インストールすることでデータを元に戻すことが可能です。

 
使用頻度の低いアプリを自動削除する設定
「Appを取り除く」設定をアプリ個別に行う
 

使用頻度の低いアプリを自動削除する設定

かんたんステップ

2ステップ
約3分
  • STEP1

    「設定」→「iTunes StoreとApp Store」

  • STEP2

    「非使用のAppを取り除く」をオン

1
設定アプリから、iTunes StoreとApp Storeの設定を開く
使い方 iOS11 アプリ 自動 削除

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「iTunes StoreとApp Store」をタップします
  •  

    2
    「非使用のAppを取り除く」設定を有効にする
    使い方 iOS11 アプリ 自動 削除

  • iTunes StoreとApp Storeに関する設定項目が表示されます
  • 自動ダウンロードの項目では、ミュージックやアプリを入手した際、同じApple IDを使ってサインインしている別のデバイスにも自動的にダウンロードする機能です。オン(緑)にすると有効になります
  •  

    使い方 iOS11 アプリ 自動 削除

  • 下にスクロールすると、最下部に「非使用のAppを取り除く」の項目があります
  •  

    使い方 iOS11 アプリ 自動 削除

  • この項目をオン(緑)にすると、使用頻度の低いアプリを自動的に削除するようになります
  •  

     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる