MacBook Pro(2025)が採用?タッチスクリーン一体型OLEDが発表

    MacBook Pro touch screen 0124

    MacBook Pro touch screen 0124
     
    Appleは、2025年モデルのMacBook Proタッチスクリーン内蔵有機EL(OLED)ディスプレイの搭載を計画していると噂されています。
     
    同製品への採用も考えられる、リフレッシュレート120Hzのタッチスクリーン内蔵OLEDディスプレイをSamsung Displayが開発しました。
     
    【記事更新】2023年1月31日午前11時15分:Samsung Displayは、ノッチに埋込み型Face IDや埋込み型カメラを搭載した、最大17インチまでのラップトップ用OLEDディスプレイの製造を計画しているとの情報が入ってきました。同社はiPhone用OLEDディスプレイを最多数供給していますので、次世代MacBook用の13インチ〜16インチOLEDディスプレイを製造する可能性がありそうです。

    ディスプレイサイズとリフレッシュレートが現行MacBook Proと共通

    【追記】Samsung Displayが開発中のラップトップ用OLEDディスプレイは、下記のような特徴を備えると、DSCCがレポートで伝えています。
     

     
    Samsung Displayが開発したのは、ラップトップ向けでリフレッシュレートが120Hzタッチスクリーン内蔵16インチOLEDディスプレイです。
     
    同社は、このサイズのタッチスクリーン内蔵OLEDディスプレイは世界初と発表しています。
     
    Appleは2025年モデルのMacBook Proに、タッチスクリーン内蔵OLEDディスプレイの搭載を計画しているとの噂があります。
     
    iPhone14 Proシリーズ用OLEDディスプレイを供給中のSamsung Displayが開発した今回のディスプレイは、リフレッシュレートが120Hzと現行MacBook Proと同等であり、2025年モデルのMacBook Proに搭載するのに最適な製品と考えられます。
     
    Samsung Displayは、ラップトップ向けタッチパネル内蔵アクティブマトリクス方式OLEDディスプレイ(OCTA:On-Cell Touch AMOLED)のラインナップ拡充を計画しています。

    Galaxy Book 3 Ultraに搭載か

    今回発表したタッチスクリーン内蔵16インチOLEDディスプレイは、Galaxy Bookに搭載されて発売されるとSamsung Displayは述べています。
     
    SamMobileは、同機種はGalaxy Book 3 Ultraになると予想しています。
     
     
    Source:SamMobile
    Photo:Apple(米国)
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次