2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone14 Proで近接センサー、16 ProではFace IDが画面下に!?

    iPhone16 Pro UD face id_1200

    iPhone16 Pro UD face id_1200
     
    iPhone14 Proシリーズに搭載された近接センサーは新型であること、搭載位置はDynamic Island左下の画面下に埋め込まれていることが報告されています。
     
    Appleは、iPhone16 Proシリーズでフロントカメラ以外のFace ID機構も画面下埋込み型に変更するとの噂があります。

    ディスプレイ下埋込み型Face IDの特許取得済み

    Appleは、 画面下埋込み型Face IDとTouch IDの構造に関する特許を取得していることが、米国特許商標庁(USPTO)の公開情報から確認されています。
     
    ユーザーからの期待が高いのは 画面下埋込み型(指紋認証場所は画面内)Touch IDですが、実現する可能性が高いのは画面下埋込み型Face IDと予想されています。
     
    画面下埋込み型Face IDを採用し、Dynamic Islandのデザインが長円+丸型からGalaxy S22のような丸型だけになるのは、2024年モデルのiPhone16 Proシリーズになるとの噂があります。

    近接センサーがノッチ内から画面下に移動

    iPhone14 ProシリーズDynamic Island(長円+丸型のフロントカメラ部)を採用、iPhone13 Proシリーズのノッチと比べて画面上の専有面積を減らしました。
     
    小型化するにあたり、これまではノッチ内に配置されていた近接センサーが画面下埋込み型に変更されました。
     
    画面下に配置することの難易度が異なると予想されますが、こうした積み重ねがiPhone16 Proシリーズでの埋込み型Face ID機構実現につながると期待されます。
     
    iPhone14 pro sensor TI_1_1200
     
    iPhone14 Proシリーズの近接センサーの配置場所は、Dynamic Island内の赤外線(IR)プロジェクタの下側です。
     
    iPhone14 pro sensor TI_2_1200
     
     
    Source:TechInsights
    Photo:Apple
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次