iPad Pro(2024)用OLEDディスプレイ〜2層・スタック型の開発を優先

    OLED iPad Pro AC_1200

    OLED iPad Pro AC_1200
     
    韓国メディアThe Elecが、Samsung DisplayはApple製品向けに供給する予定の第8世代有機EL(OLED)ディスプレイパネルについて、水平蒸着方式による2層・スタック型の開発を優先すると報じました。

    2024年にiPad ProとMacBook AirがOLEDディスプレイ搭載と噂

    Samsung Displayが開発中の第8世代OLEDディスプレイは、2024年モデルのiPad ProとMacBook Air、2025年モデルのMacBook Proに搭載されると噂されています。
     
    これらのApple製品向けOLEDディスプレイ開発では、LG Displayが先行しているとみられています。

    アルバックおよびキヤノントッキと共同開発してきたと報道

    Samsung Displayは、アルバックと垂直蒸着方式による1層・スタック型OLEDディスプレイを、キヤノントッキと水平蒸着方式による2層・スタック型OLEDディスプレイを開発してきたと、The Elecは伝えています。
     
    このうち、Samsung Displayは2層・スタック型OLEDディスプレイの開発を優先することを決定、垂直蒸着方式による1層・スタック型OLEDディスプレイの開発は継続されるか不透明な状況になったと、同メディアは述べています。
     
    Samsung Displayとアルバックとの垂直蒸着方式による1層・スタック型OLEDディスプレイは開発に難渋、その理由についてThe Elecは、使用するガラス基板のサイズを当初予定していた第8.5世代(2,200ミリ x 2,500ミリ)から第8.7世代(2,290ミリ x 2,620ミリ)に変更した影響も大きいと説明しています。
     
     
    Source:The Elec
    Photo:Apple Cycle(@theapplecycle)/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次