2022年11月11日 11時13分

読了まで 221

iPhone SE(第4世代)がXRの筐体にA16 Bionic搭載か〜噂まとめ

iPhone SE 4 AC 1200


 
MacRumorsが、2024年発売と噂の SE(第4世代)に関する噂をまとめています。

iPhone SE(第4世代)に関するこれまでの噂

iPhone SE(第4世代)は、iPhone XRの筐体を用い、内部を刷新したモデルになると噂されています。
 

ディスプレイサイズ

iPhone SE(第4世代)ディスプレイサイズは5.7インチ〜6.1インチになると、DSCCの最高経営責任者(CEO)であるロス・ヤング氏が予想していました。
 
同モデルのディスプレイに関し、液晶ディスプレイと有機ELディスプレイが検討されているようですが、コストが下がっていなければ液晶ディスプレイを搭載する可能性が高いと、MacRumorsは伝えています。
 

生体認証機構

iPhone SE(第4世代)の生体認証機構は、になる可能性もあるとMacRumorsは述べています。
 
ただし、コストの面からiPad Air(第5世代)などに搭載されているTouch ID内蔵サイドボタンの採用が有力視されています。
 

ノッチ

(第4世代)の筐体を流用することで、ディスプレイにはノッチが備わるとみられています。
 
生体認証機構がFace IDの場合はTrue Depthカメラや関連部品が搭載されますが、内蔵サイドボタンを採用した場合、ノッチの部分に搭載されるのはフロントカメラだけとの予想もあります。
 

システム・オン・チップ(SoC)

現在はiPhone14 Proシリーズだけが搭載しているA16 Bionicが、2023年にはiPhone15およびiPhone15 Plusにも搭載されると噂されています。
 
iPhone SE(第4世代)が2024年に発売されるとすれば、iPhone15およびiPhone15 Plusから1年遅れでA16 Bionicが搭載される可能性は十分あると、MacRumorsは述べています。
 

5G

5Gに関し、iPhone SE(第3世代)よりも多くのバンドに対応するとMacRumorsは予想、2024年であれば5Gミリ波への対応も考えられます。
 
 
Source:MarRumors
Photo:Apple Cycle(@theapplecycle)/Twitter
(FT729)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる