2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    【まとめ】AppleがiPhone14、Apple Watch Ultraなど発表!

    Apple Event 2022

    Apple Event 2022
     
    Appleは、日本時間9月8日に開催したスペシャルイベント「Far out.」にて、新製品のiPhone14、iPhone14 Plus、iPhone14 Pro、iPhone14 Pro Maxと、Apple Watch Series 8、Apple Watch SE(第2世代)、Apple Watch Ultra、またAirPods Pro(第2世代)を発表しました。
     
    このうち、iPhone14シリーズとAirPods Pro(第2世代)はあす9月9日(金)午後9時より予約受付を開始、Apple Watch Series 8/SE(第2世代)/Ultraはきょう8日から注文可能です。
     
    発売日は製品により異なり、Apple Watch S8/SE(第2世代)、iPhone14/14 Pro/14 Pro Maxが9月16日、Apple Watch UltraとAirPods Pro(第2世代)が9月23日、iPhone14 Plusが10月7日となっています。
     
    ▼ まとめ:Apple Storeでの新製品 予約開始日・発売日・価格
    ▼ まとめ:各デバイス向けOS リリース日
    ▼ iPhone14/14 Plus:6.1インチと6.7インチ、iPhone13 Proと同じA15チップ搭載
    ▼ iPhone14 Pro/14 Pro Max:iPhone史上最強のiPhone。ノッチ廃止で新しい前面デザイン
    ▼ AirPods Pro(第2世代):アクティブノイズキャンセリングが進化、個人設定も
    ▼ Apple Watch Series 8:皮膚温センサー、衝突事故検知機能など新機能
    ▼ Apple Watch Ultra:過酷な環境やハードなアクティビティのお供に最適な最上位モデル
    ▼ Apple Watch SE(第2世代):S8同様の新センサーを搭載、初代より性能アップ
    ▼ イベントで触れられなかった新製品、販売終了の動き
     

     

    まとめ:Apple Storeでの新製品 予約開始日・発売日・価格

    予約開始日
    発売日
    (日本時間)
    ストレージ
    /ケース
    価格(税込)
    iPhone14 予約:9月9日(金)午後9時~
    発売:9月16日(金)
    128GB 119,800円
    256GB 134,800円
    512GB 164,800円
    iPhone14 Plus 予約:9月9日(金)午後9時~
    発売:10月7日(金)
    128GB 134,800円
    256GB 149,800円
    512GB 179,800円
    iPhone14 Pro 予約:9月9日(金)午後9時~
    発売:9月16日(金)
    128GB 149,800円
    256GB 164,800円
    512GB 194,800円
    1TB 224,800円
    iPhone14 Pro Max 予約:9月9日(金)午後9時~
    発売:9月16日(金)
    128GB 164,800円
    256GB 179,800円
    512GB 209,800円
    1TB 239,800円
    AirPods Pro
    (第2世代)
    予約:9月9日(金)午後9時~
    発売:9月23日(金)
    39,800円
    Apple Watch
    Series 8
    予約:9月8日(木)~
    発売:9月16日(金)
    41mm 59,800円~
    45mm 64,800円~
    Apple Watch Ultra 予約:9月8日(木)~
    発売:9月23日(金)
    49mm 124,800円
    Apple Watch SE
    (第2世代)
    予約:9月8日(木)~
    発売:9月16日(金)
    40mm 37,800円~
    44mm 42,800円~

     

    まとめ:各デバイス向けOS リリース日

    各デバイス向けOSの正式リリースも一部判明しました。iOS16、watchOS9、tvOS16は日本時間9月12日(月)に、iPadOS16とmacOS Venturaは10月のリリース予定です。
     
    詳細記事:

  • iPadOS16とmacOS Ventura、正式版は10月公開予定と判明
  • iOS16のリリース日は9月12日!Appleイベントで発表
  •  

    現在の最新バージョン 正式版リリース日
    (日本時間)
    iOS16 9/8(木) RC 9/12(月)
    iPadOS16
    (iPadOS16.1)
    8/25(木) パブリックベータ1 10月予定
    watchOS9 9/8(木) RC 9/12(月)
    tvOS16 9/8(木) RC 9/12(月)
    macOS Ventura 8/26(金) パブリックベータ4 10月予定

     

    iPhone14/14 Plus:6.1インチと6.7インチ、iPhone13 Proと同じA15チップ搭載

    iPhone14 iPhone14 Plus
     
    iPhone14は6.1インチ、iPhone14 Plusは6.7インチ端末で、iPhone13 Proに搭載されていた5コアGPUのA15チップが搭載されています。前面カメラには新しいTrueDepthカメラが搭載されており、F1.9の明るいレンズが採用されました。新技術Photonic Engineにより、低照度でも優れた画質で撮影できます。
     
    iPhoneシリーズとして初めて衛星通信機能に対応しました。iPhone14シリーズ向けには2年間無料で提供予定で、11月よりカナダと米国で利用できます。
     
    iPhone14 衛星通信 SOS
     
    緊急時にはメッセージを圧縮して15秒程度で送信可能で、メッセージの送信は画面の指示に従ってタップするだけの簡単操作です。衛星通信機能は登山中など、基地局の電波が届かない状況での「探す」の位置情報取得にも対応しています。
     
    詳細記事:

  • 【速報】iPhone14とiPhone14 Plusが発表!6.7インチモデル追加
  • iPhone14シリーズに“mini”は含まれず〜iPhone13 miniは購入可
  • Apple、Globalstarと提携、11月より衛星通信サービスを開始
  • eSIM専用iPhone14はポートレスiPhoneへの布石〜将来はiSIMへ
  • iPhone14シリーズ、5Gミリ波対応モデル販売は米国・プエルトリコのみ
  •  

    iPhone14 Pro/14 Pro Max:iPhone史上最強のiPhone。ノッチ廃止で新しい前面デザイン

    iPhone14 Pro iPhone14 Pro Max
     
    iPhone14シリーズの上位ラインは、6.1インチのiPhone14 Proと、6.7インチのiPhone14 Pro Maxです。
     
    前面デザインが刷新され、上部のノッチが廃止されました。ノッチ部分はアニメーションで柔軟な操作が可能な「Dynamic Island」に進化したほか、常時点灯ディスプレイを搭載、メインカメラは最大4,800万ピクセルに拡大し、新開発のA16チップを搭載しています。
     
    Dynamic Islandは、着信やメッセージ受信、ミュージックアプリでの音楽再生コントロールなど、ユーザーの操作に応じてフレキシブルに対応できる機能です。Apple純正アプリだけでなく、サードパーティ製アプリにも対応し、各種通知を表示することができます。
     
    iPhone14 Pro Dynamic Island
     
    iPhone14 Pro Dynamic Island
     
    常時点灯ディスプレイは、ロック画面では最小限の明るさに調整し、リフレッシュレートも最小1Hzに。常時表示しながらも消費電力を抑えます。ディスプレイの明るさは1,600ニトで、太陽光の下など明るい場所では2,000ニトに引き上げられます。
     
    iPhone14 Pro 常時点灯
     
     
    詳細記事:

  • 【速報】iPhone14 Pro/Pro Max発表!ノッチを廃止、画面は常時点灯
  •  

    AirPods Pro(第2世代):アクティブノイズキャンセリングが進化、個人設定も

    AirPods Pro 第2世代
     
    噂されていたAirPods Pro(第2世代)が正式発表されました。H2チップが搭載されたことにより音質が改善したほか、バッテリー駆動時間も現行モデルよりのびており、1回の充電で6時間使用可能。充電ケース使用時で最大30時間となり、現行モデルより6時間増加しています。
     
    アクティブノイズキャンセリングが初代Pro比で最大2倍に進化しました。またiOS16搭載のiPhoneのTrueDepthカメラを使って、パーソナルプロファイルを設定することもできます。
     
    詳細記事:

  • 【速報】AirPods Pro 2が発表! アクティブノイズキャンセリング効果が倍増
  • AirPods Pro(第2世代)はロスレスオーディオ非対応
  • Apple、Lightning充電ケース付きAirPods(第3世代)をリリース
  •  

    Apple Watch Series 8:皮膚温センサー、衝突事故検知機能など新機能

    Apple Watch Series 8
     
    Apple Watch Series 8は、従来製品と同じ41ミリ、45ミリの2種類のケース、デザインをそのまま引き継ぎ、新たに皮膚温センサーやそれを活用した新機能を搭載したほか、進化したジャイロセンサーと加速度センサーを使った「衝突事故検知機能」などが利用できるようになりました。
     
    バッテリー駆動時間は18時間ですが、新たに低電力モードに対応し、同モード利用時は最大36時間にのびます。低電力モードはApple Watch Series 4以降で利用できます。
     
    詳細記事:

  • 【速報】Apple Watch Series 8発表!
  •  

    Apple Watch Ultra:過酷な環境やハードなアクティビティのお供に最適な最上位モデル

    Apple Watch Ultra
     
    Apple Watch Proとも噂されていた最上位モデルは、Apple Watch Ultraとして発表されました。登山やウルトラマラソン、スキューバダイビングなど、アウトドアスポーツに最適な堅牢モデルで、ケースサイズは49ミリになります。
     
    Apple Watch Ultra
     
    チタニウム製で耐久性や耐腐食性に優れており、Apple Watch史上もっとも明るい2,000ニトの平らなサファイアクリスタルディスプレイを搭載。側面にはカスタマイズ可能なアクションボタンも追加されています。
     
    詳細記事:

  • 【速報】登山やマラソン、ダイビングに最適なApple Watch Ultra発表
  • 42〜45ミリの旧バンドも49ミリのApple Watch Ultraで使用可
  •  

    Apple Watch SE(第2世代):S8同様の新センサーを搭載、初代より性能アップ

    Apple Watch SE 第2世代
     
    Apple Watchの低価格モデルApple Watch SEに第2世代が追加されました。性能面では現行モデルより処理速度が20%アップし、Apple Watch Series 3よりも30%大きなディスプレイになりました。
     
    Apple Watch S8にも搭載されているモーションセンサーを搭載しており、SE(第2世代)でも衝突事故検知機能が利用できます。
     
    詳細記事:

  • 【速報】Apple Watch SE(第2世代)が発表!249ドル~
  •  

    イベントで触れられなかった新製品、販売終了の動き

     

  • 【速報】AppleがiPhone13シリーズを値下げ!新旧比較表
  • Apple Watch用バンドに新作「アルパインループ」など追加〜新色も
  • Apple Watch Series 3、Editionが生産終了に
  • AppleCare+、無制限の修理をカバー
  • Apple純正MagSafe対応iPhone14ケースが発売
  • Apple Fitness+、iPhoneだけでも利用可能に。ただし日本は対象外
  •  
     
    Source:Apple
    (asm)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次