2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple Fitness+、iPhoneだけでも利用可能に。ただし日本は対象外

    Apple Fitness+

    Apple Fitness+
     
    Appleは現地時間9月7日、フィットネスサービスApple Fitness+をApple WatchがなくてもiPhoneだけで利用可能にすると発表しました。ただし、日本は依然としてサービス対象外です。

    Apple Watchがなくても利用可能に

    Apple Fitness+は、2020年に開始されたAppleのフィットネスサービスです。
     
    これまで、同サービスの利用にはApple Watchの装着が必要でしたが、今秋からはiPhoneユーザーならApple Watchがなくても利用可能となります。
     
    iPhoneからも、Apple Fitness+の3,000以上のワークアウトやメディテーションを利用し、iOS16の「フィットネス」アプリの「ムーブ」リングで運動量を確認できます。
     
    Apple Fitness+
     

    日本でのサービス提供は未定

    Apple Fitness+は当初、英語圏の6カ国(米国、英国、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド)で提供され、2021年9月には字幕対応により15カ国が追加され、合計21カ国で利用可能です。
     
    残念ながら、現在も、日本での同サービス提供予定に関する発表はありません。
     
    Apple Fitness+のアメリカでのサービス料金は月額9.99ドル(約1,430円)または年額79.99ドル(約11,500円)です。
     
    Apple MusicやiCloud+などAppleのサブスクリプションサービスをまとめたApple Oneの上位プランApple One Premier(日本未提供)の一部としても利用できます。Apple One Premierの料金は、月額29.95ドル(約4,300円)です。

    新コンテンツも多数公開

    2022年秋から、Apple Fitness+ではウォーキングやランニング中に聴くのに適したコンテンツ「Time to Walk」「Time to Run」の新エピソードが公開されます。
     
    iOS16では、「Time to Walk」「Time to Run」のエピソードがiPhoneの「フィットネス」アプリで再生可能になります。
     
    また、20〜30セッションのピラティスのワークアウトが追加されます。
     
    このほか、9月12日からはワークアウトに適した音楽を集めた「Artist Spotlight」に、メアリー・J. ブライジ、ローリング・ストーンズ、ザ・ウィークエンドの特集が追加されます。
     
    Apple Fitness+
     

     
    Source:Apple
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次