一度は噂されたiPhone14シリーズの新機能まとめ - iPhone Mania
トップページ > iPhone14 > 一度は噂されたiPhone14シリーズの新機能まとめ
2022年9月6日 15時23分

読了まで 247

一度は噂されたiPhone14シリーズの新機能まとめ

iphone14 pro


 
iPhone14ラインナップの様相はかなり固まってきたと言えそうですが、より前の段階では様々な可能性が噂されていました。一度は噂されたものの、最近はいっさい語られなくなった機能を、米メディアMacRumorsがまとめています。

デザイン刷新と平面化されたカメラ

昨年iPhone13ラインナップが発表される直前、リーカーのジョン・プロッサー氏がiPhone14 Pro Maxのレンダリング画像を公開しました。同氏の情報では、iPhone14 Proは平面化されたカメラ突起を可能にする分厚い筐体、iPhone4やiPhone5のような丸いボリュームボタン、穴の代わりに細長いメッシュカットのスピーカーとマイクグリルの再設計を特徴とするとのことでした。
 
最新の噂では、iPhone14 ProはiPhone13 Proと同じステンレススチールフレームとすりガラス製の背面を採用し、見た目も非常に似たものとなると予想されています。唯一のデザイン上の違いは、角がより丸くなり、リアカメラが大きくなることなど、ごくわずかなものにとどまるとみられています。

チタンフレームのProモデル

JP Morgan Chaseの報告書によれば、iPhone14 Proにはステンレススチールの代わりにチタン製の筐体が採用され、より強く、より軽く、より傷つきにくいデザインになる可能性があるとのことでした。プロッサー氏も、iPhone14 Pro Maxのレンダリングでこの噂の正当性を認めていました。
 
iPhone14 Proには、ステンレススチールフレームが使用され、iPhone Xで導入されたデザイン機能を継続するようです。チタン製の筐体は高価すぎるのがその理由とみられています。

画面下埋め込み型Face ID

Appleのサプライチェーンに明るいアナリストのミンチー・クオ氏は、iPhoneの自撮りカメラの切り口が「パンチホール」になることを最初に伝えました。その後、ディスプレイアナリストのロス・ヤング氏が画面下埋め込み型Face IDの搭載可能性について示唆し、リーカーのDylan氏(@dylandkt)は、iPhone14 Proには小さなピル型のカメラホールが搭載され、Face IDはディスプレイ下に移動されると主張しました。
 
ヤング氏はその後予想を修正し、パンチホールとピル型の自撮りカメラ機構となる、と伝えました。iPhone14ライナップには、画面下埋め込み型技術の採用はないとみられています。

分離されたパンチホールとピル型のカメラデザイン

iPhone14 Proの後期段階の噂の最大の特徴の1つは、パンチホールとピル型の自撮りカメラ機構に関するものです。
 
現在では、ディスプレイ上部に1つのピルの形状として現れるという考えが最も支持されています。

非ProモデルのA16 Bionicチップ搭載

AppleがiPhone8とiPhone Xの発売時にラインナップを分割して以来、新しいiPhoneシリーズはすべて同じ新しいチップを搭載しています。iPhone14シリーズもすべて最新チップが搭載されるとみられていましたが、クオ氏がiPhone14とiPhone14 Plusには昨年のA15 Bionicチップが搭載されると発言したことで、状況は変わりました。
 
他にも、A16 Bionicチップの4nmプロセス製造iPhone14 miniモデルiPhone14 Maxの呼称などが、一度は囁かれたものの、消えていった噂として記録されています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:@ianzelbo/Twitter
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる