トップページ > iPhone14 > iPhone、2022年にパンチホール採用、2023年にフルスクリーン実現〜クオ氏
2021年3月2日 08時17分

読了まで 214

iPhone、2022年にパンチホール採用、2023年にフルスクリーン実現〜クオ氏

iPhone14


 
TF Seciritiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が、Appleは2022年モデルのiPhone(仮称:iPhone14)で、ノッチからパンチホールに変更、翌2023年にはフルスクリーンモデルが登場する可能性があるとの予想を伝えました。
 
同氏は、6インチ前後の液晶ディスプレイを備えたローエンドiPhoneの、2023年の登場も予想しています。

パンチホール採用iPhoneが登場

クオ氏は、少なくともiPhone14シリーズのハイエンドモデル(iPhone14 ProおよびiPhone14 Pro Maxか)で、歩留まりに問題がなければiPhone14シリーズ全モデルでフロントカメラ周囲のデザインが、ノッチからパンチホールに変更されると伝えました。
 
また、フロントカメラにもオートフォーカスが導入されるようです。
 
同氏は、パンチホールに変更された場合に、現在はノッチ(フロントカメラハウジング)に搭載されている複数のFace ID関連部品がどのように配置されるのか記していません。
 
MacRumorsは、ZTEが開発したディスプレイ下埋込み型顔認証システムのようなものを、Appleも検討する可能性があると推察しています。

2023年モデルでフルスクリーンが実現?

クオ氏はまた2023年モデルのiPhoneに関し、開発が順調に進んだ場合、少なくとも1つのハイエンドモデルで、下記の3つの新機構が実現すると予想しました。
 

  • ディスプレイ下埋込み型Touch IDを搭載
  • ノッチ、パンチホールのないフルスクリーンディスプレイが実現
  • ペリスコープ望遠カメラを採用

 
ディスプレイ下埋込み型Touch IDや、ペリスコープ望遠カメラの搭載は、2021年モデル(仮称:iPhone13もしくはiPhone12s)で実現するとも噂されていますので、クオ氏の予想通りであれば、これらの実装が遅れることになります。

Face ID搭載ローエンドモデルが、約63,000円以下で登場か

クオ氏は普及モデルについても言及しており、6インチ前後の液晶ディスプレイとFace IDを備えた、新しいローエンドiPhoneが2023年上半期(1月〜6月)に登場、販売価格は600ドル(約63,000円)以下で発売される見通しとのことです。
 
 
Source:MacRumors
Photo: Technizo Concept/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる