トップページ > 最新情報 > iPhone14は筐体素材にチタニウムを採用か〜特許取得済み、Touch ID搭載?
2021年7月26日 20時15分

読了まで 150

iPhone14は筐体素材にチタニウムを採用か〜特許取得済み、Touch ID搭載?

iPhone titanium AD


 
JP Morgan Chaseが投資家向けレポートで、「iPhone14シリーズ(仮称:2022年モデル)は筐体素材にチタニウム合金を用いる」と伝えたようです。同レポートでJP Morgan Chaseは、iPhone14シリーズでTouch IDが復活する可能性にも言及しています。

iPhone14シリーズでチタニウム合金筐体採用、Foxconnが製造

JP Morgan Chaseによれば、iPhone14シリーズ向けチタニウム合金筐体の製造は、Foxconnが担当するようです。
 
Appleは、Apple WatchApple Cardの素材としてチタニウム合金を採用している他、かつてはPowerBook G4の本体素材にも用いていました。

チタニウム合金筐体に関する複数の特許を取得済み

チタニウム合金は軽く、高い強度を有するという利点の他に、表面が劣化しやすいという欠点があります。Appleは、これを解決する「人工陽極酸化処理」に関する特許を取得済みです。
 
また、指紋の跡や汚れが落ちにくい点についても、チタニウム合金表面に酸化物コーティングを施すことでこれを解決し得る特許を取得済みでした。

電源ボタン内蔵かディスプレイ下指紋認証センサーでTouch ID復活?

JP Morgan Chaseはまた、電源ボタンに内蔵されるかディスプレイ埋込み型になるかは不明ながら、iPhone14シリーズにTouch IDが再搭載されると予想しています。
 
 
Source:MacRumors,Apple
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる