iPhone14 ProとiOS16でロック画面はどう変化〜バッテリー%も復活 - iPhone Mania
トップページ > iOS > iPhone14 ProとiOS16でロック画面はどう変化〜バッテリー%も復活
2022年9月3日 21時41分

読了まで 23

iPhone14 ProとiOS16でロック画面はどう変化〜バッテリー%も復活

iphone-14-pro-always-on-display-3


 
iPhone14 Proシリーズでは常時点灯ディスプレイが採用され、iOS16との組み合わせでロック画面が大きく変わると言われています。これらの新機能について、米メディアMacRumorsがリーカーから情報を入手したとして紹介しています。

常時点灯ディスプレイでロック画面が大きく変化

MacRumrosが入手した最新情報によると、iOS16を搭載したiPhone14 Proシリーズのロック画面は常時点灯ディスプレイの実現により、常時点灯ディスプレイモードがオンの時とオフの時(ロック画面が点灯している状態)では、壁紙の色、通知の色、ステータスアイコンなどが変化するのだそうです。
 
iphone-14-pro-always-on-display-1
 
またiPhone14 Proのステータスバーは、フロントカメラの占めるスペースが減る(ノッチからピル型に変更)ため、アンテナバーが右から左へ移動、バッテリーのパーセント表示が復活すると、同メディアは記しています。
 
iPhone14 Pro 常時点灯

 
MacRumorsは、iPhone14 ProシリーズとiOS16の組み合わせによる、ロック画面の変化をまとめています。
 

iPhone14 Proにおけるロック画面の変化まとめ

  • ロック画面の壁紙は、常時点灯画面モードがオンの時には、モノの影などは消えて完全に暗くなり、全体的に暗めの印象となる。なおユーザーは自分でカスタマイズし、ハイライト効果を加えることもできる。
  • 常時点灯画面モードがオンの時、ウィジェットは間隔をおいて表示されたり消えたりする。これは有機ELの焼付を防ぐのが目的。
  • 常時点灯画面モードがオンの時のロック画面とオフの時のロック画面(画面点灯時)の設定は同じにしかできず、別々に設定することはできない。つまり壁紙、フォント、色、ウィジェットは共通となる。常時点灯画面モード独自の設定は別途カスタマイズできる。
  • 常時点灯画面モードがオンの時のロック画面の通知は、画面点灯時のロック画面時と同じく、スワイプアップで表示でき、10秒間表示し続けることができる。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる