iPhone14 Pro用カメラ部品をソニーやアルプスアルパインが供給〜クオ氏が投稿 - iPhone Mania
トップページ > iPhone13 > iPhone14 Pro用カメラ部品をソニーやアルプスアルパインが供給〜クオ氏が投稿
2022年7月6日 13時17分

読了まで 257

iPhone14 Pro用カメラ部品をソニーやアルプスアルパインが供給〜クオ氏が投稿

iPhone14 Pro AH 0218


 
アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone14 Proシリーズの出荷比率と、同製品のカメラモジュールのサプライヤーに関する情報をTwitterに投稿しました。同氏は、iPhone14 ProシリーズだけがA16を搭載することも伝えています。

ソニーがイメージセンサーを、アルプスアルパインがレンズ駆動用モーターを供給か

クオ氏は、iPhone14シリーズにおいて、モデルごとの出荷比率がこれまでとは異なると予想、それに伴いiPhone14 Proシリーズ用カメラモジュールサプライヤーが大きな恩恵を受けると述べています。
 
同氏は、iPhone14シリーズの販売台数の中でiPhone14 Proシリーズの占める割合が55%〜60%に増加すると予想しています。iPhone13シリーズでは、iPhone13 Proシリーズが占める割合は40%〜50%です。
 
クオ氏によれば、iPhone14 Proシリーズ用カメラモジュールのサプライヤーとして、ソニー、アルプスアルパイン、LG Innotek、Largan Precision(大立光)が参画するようです。
 
このうち、ソニーは広角リアカメラ用4,800万画素イメージセンサーを、Largan Precisionは8P(プラスチックレンズ8枚構成)レンズを、アルプスアルパインがレンズ駆動用のボイスコイルモーター(VCM)を供給し、LG Innotekがそれらをカメラモジュールに組み立てる見通しです。
 
iPhone14 Proシリーズ用カメラ関連部品の価格はiPhone14およびiPhone14 Maxのそれよりも高いことから、これらのサプライヤーの売上高が増加するとクオ氏は述べています。
 

iPhone14 Proシリーズ
リアカメラ部品
サプライヤー 供給比率 売上高増加率
(予測)
イメージセンサー ソニー 100% 30%〜35%
レンズ Largan
Precision
60%〜70% 20%〜25%
光学式手ブレ補正機構用
VCM
アルプスアルパイン 60%〜70% 15%〜20%
カメラモジュール LG Innotek 100% 30%〜35%

A16を搭載するのはiPhone14 Proシリーズのみ

クオ氏はまた、A16を搭載するのはiPhone14 Proシリーズのみとの以前からの予想を繰り返しています。
 
Proシリーズのみへの最新チップの搭載は、来年以降も続く可能性が高そうです。
 
iPhone用ディスプレイに関しても、i型パンチホールカメラが先にProシリーズに搭載され、1年後にベースモデルもそれに移行するとの情報がありました。
 


 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる