M2搭載Macが今年後半に発表、M2はTSMCの4nmプロセスで製造と報道

M2 MacBook Pro AH

M2 MacBook Pro AH
 
DigiTimesが、今年後半に発表される次世代Appleシリコン「M2」に関し、製造はTSMCの4nmプロセスで行われると報じました。M2は、新型Mac miniや新型13インチMacBook Proに搭載されると噂されています。

AシリーズとMシリーズが4nmプロセスへの移行開始

M1シリーズはTSMCの5nmプロセス「N5」で製造されていますが、M24nmプロセス「N4」で製造されるようです。
 
これまで、同チップの製造はTSMCの5nmプロセス「N5P」で行われるとみられていました。その場合、M2での性能向上率は、M1から10%〜20%と予測されていましたが、微細化が進んだプロセスを採用することにより、性能向上率がこの予測を上回ることも考えられます。
 
TSMCの4nmプロセスでは、iPhone14 Proシリーズ用のA16も製造されるようです。

年内に、M1搭載モデルがM2に変更か

M2は、M1を搭載する、Mac mini24インチiMac、13インチMacBook Proのリフレッシュモデルに搭載されると噂されています。
 
M2はデザインを刷新する新型MacBook Airにも搭載されると噂されていましたが、アナリストのミンチー・クオ氏は、同モデルはM1を継続採用すると予想を変更していました。
 
対して、9to5Macは、新型MacBook AirにはM2が搭載され、今年末頃に発表されると予想しています。
 
 
Source:DigiTimes via MacRumors, 9to5Mac
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次