2021年12月1日 07時57分

読了まで 214

Apple、2021Q4にスマホシェア首位に~iPhone SEは2022Q1発売

iPhone13の画像


 
在庫切れが続くiPhone13シリーズですが、その人気は本物のようです。
 
2021年第4四半期(10月~12月)に、がSamsungを抜いてシェア首位になるという予測が発表されました。
 
また、第3世代シリーズについては、予想通りの時期に発売されるとのことです。

23.2%のシェアでAppleが首位に

調査会社のTrendForceは、2021年第4四半期においてAppleがSamsungを抜いてスマートフォンシェアトップの座を獲得するという予測を発表しました。
 
TrendForceによる2021Q3と2021Q4のスマホシェアランキング
 
Appleは中国市場で好調が伝えられるなど、iPhone13シリーズによって大きくシェアを伸ばすものとみられます
 
また、第3世代iPhone SEを2022年第1四半期(1月~3月)に、iPhone14シリーズを2022年下半期に発売する計画をAppleは維持しているとTrendForceは伝えています。
 
第3世代 SEの2022年における生産台数は、2,500万台から3,000万台と予測しているとのことです。

2021年のスマートフォン出荷台数は下方修正

一方、スマートフォン市場全体に目を向けると、TrendForceは2022年の出荷台数予測を13億4,500万台から13億3,500万台に下方修正しました。
 
これは、主に部品不足の影響によるものです。
 
特に4G対応システム・オン・チップ(SoC)、ローエンドの5G対応SoC、ディスプレイドライバーICが大幅に不足しており、スマートフォンメーカーは端末の生産量を増やしたくても増やせない状況だそうです。
 
TrendForceは、今後の新型コロナウイルスの動向によってはさらに需要が弱まる可能性があるとしています。

 
 
Source: TrendForce via AppleInsider
(ハウザー)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる