トップページ > 最新情報 > ソフトバンクとauも「縛り」契約の解約金を撤廃、大手3社の方針揃う
2021年10月27日 18時56分

読了まで 244

ソフトバンクとauも「縛り」契約の解約金を撤廃、大手3社の方針揃う

ソフトバンク Y!mobile ワイモバイル au


 
ソフトバンクは10月26日、「ホワイトプラン」など契約期間を定めた過去の料金プランについて、契約解除料を撤廃すると発表しました。KDDI(au)も同様に、契約解除料を廃止すると伝えられています。

ソフトバンクとau、過去のプランでも解約金を撤廃

ソフトバンクは、ソフトバンクとY!mobileで過去に提供していた契約期間のある料金プランについて、契約更新月以外に解約すると発生している契約解除料を2022年2月1日から免除すると発表しました。
 
対象となる料金プランは、ソフトバンクの「ホワイトプラン」やY!mobileの「スマホプランS/M/R/L」などの、契約期間が定められたプランです。対象となるプランの詳細はソフトバンクのWebサイトで確認可能です。
 
auも、解約金を年度内に廃止する方針で、2022年度内に変更する方針と読売新聞などが報じています。

大手3社の方針揃う

ソフトバンクとKDDIが廃止する予定の契約解除料は、いわゆる「2年縛り」などの期間を定めた契約を結んでいた場合、指定された月以外に解約すると10,450円(税込)が徴収されるものです。
 
2019年10月の改正電気通信事業法施行により、2019年10月以降に締結された契約については契約解除料の上限が1,000円に引き下げられたものの、法改正前に結んだ既往契約を更新し続けた場合、従来の高額な契約解除料が請求される対象となっていました。
 
総務省は、利用者が携帯電話事業者を乗り換える際の障壁になる、として大手携帯キャリア各社に廃止を求めており、NTTドコモは2021年10月から廃止しています。
 
2021年4月に公正取引委員会が公開した消費者調査の結果では、大手キャリア契約者の過半数が、契約解除料の上限が1,000円になったことを知らなかった、と回答しています。

ソフトバンク、「半額サポート」を解約後も利用可能に。長期継続特典も変更

ソフトバンクが過去に提供していた「半額サポート」の提供を受けるためには特典利用時にソフトバンクの回線契約が必要でしたが、同社はこの条件を撤廃すると発表しています。
 
条件変更時期(2022年3月末頃を予定)に解約した場合は、ソフトバンクでの対象機種買い替えと旧機種回収などの条件を満たせば、特典が利用可能となります。詳細は後日発表される予定です。
 
現在、同社はリニューアルした「トクするサポート+」として、回線契約がなくても利用できるサービスを提供しています。iPhone Maniaでは、同サービスを利用してiPhone13 Proを購入したレポート記事も公開しています。

 
ソフトバンクは同時に、「データプラン3GB」(スマホデビュープラン含む)や「データプラン100MB」における「長期継続特典」の提供を終了し、毎年誕生月に1,000円相当のPayPayボーナスを提供する「誕生月特典」に変更すると発表しています。

 
 
Source:ソフトバンク, 読売新聞, 朝日新聞
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる