次期Mac Pro用Appleシリコンは、M1 Maxの2倍と4倍のコア数〜有名記者

    New Mac Pro render SV_1

    New Mac Pro render SV_1
     
    Bloombergのマーク・ガーマン記者がTwitterに、次期Mac Pro用のAppleシリコンは、M1 Maxを大幅に上回るCPUコアとGPUコアを搭載すると投稿しました。

    最大40個のCPUコアと128個のGPUコアを搭載

    ガーマン記者によれば、次期Mac Pro用のAppleシリコンは少なくとも2種類あり、M1 Maxの2倍および4倍のCPUコアとGPUコアを搭載するとのことです。
     
    同記者の情報通りであれば、次期Mac Proのハイエンドモデル用のAppleシリコンは最大40個のCPUコアと128個のGPUコアを搭載することになります。
     

    次期Mac Proは筐体が小さくなると噂

    ガーマン記者は2021年5月に、次期Mac Proにはコードネーム「Jade 2C-Die」および「Jade 4C-Die」と呼ばれる、20個および40個のCPUコアを持つ2種類のAppleシリコンが用意されると伝えていました。
     
    CPUコア数が20個のチップは、16個の高性能コアと4個の高効率コアで構成され、CPUコア数が40個のチップは、それらがそれぞれ倍になるようです。
     
    次期Mac Proは、これらを現行モデルよりも小さな筐体に収めると噂されています。
     
     
    Source:Notebookcheck
    Photo:Svetapple.sk
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次