32コアと20コアのAppleシリコン、128コアGPUが開発中〜Bloomberg

    apple-silicon-2021

    apple-silicon-2021
     
    米メディアBloombergが、AppleはiMacやMacBook Pro用の20コアおよびMac Pro用の32コアのAppleシリコンと、16コアから最大128コアのGPUを開発中だと報じています。

    20コアおよび32コアAppleシリコンを開発中か

    Bloombergの報道によれば、開発中のAppleシリコンもM1チップと同様に、高性能コアと高効率コアを組み合わせたものになるようです。同メディアによれば、Appleは現在、iMacおよびMacBook Pro用と、Mac Pro用の2種類のAppleシリコン、自社設計のGPUを開発しているようです。

     

    iMacおよびMacBook Pro用20コアチップ

    MacBook Pro 2021 new design_01
     
    20コアのAppleシリコンは、16コアの高性能コアと、4コアの高効率コアの組み合わせで設計開発が進められているようです。
     
    同メディアによれば、20コアチップの製造上の歩留まりの問題により、高性能コアを8コアもしくは12コアのみ有効化したバージョンをリリースする可能性も考えられるようです。M1チップにおいても同様の問題から7コアGPUバージョンが、MacBook Air用として提供されています。
     

    Mac Pro用32コアチップ

    Mac Pro mini
     
    Bloombergによれば、2021年後半の発表と発売が予想される、現行モデルよりも筐体サイズが半分になるMac Proには、32コアの高性能コアを備えたAppleシリコンを搭載すべく開発が進められているようです。
     

    M1ベースのチップが2021年発売の新型iPad Proにも搭載

    Apple silicon codename
     
    Bloombergは、M1チップは2021年に発表される新型iPad Proに搭載される予定の新型チップのバリエーションの1つだと伝えています。
     
    台湾メディア工商時報は、新型iPad ProにはM1チップと同じ系譜のA14Xチップ、コードネームTongaが搭載されると報じていました。
     

    Apple自社開発GPU

    New iMac render 06
     
    Appleが開発中のGPUは、ハイエンドラップトップと、ミッドレンジデスクトップ用として16コアおよび32コア搭載GPUがテストされているようです。Bloombergによれば、ハイエンドデスクトップ向けには、64コアおよび128コアのGPUを搭載するオプションも計画されているようで、これらはIntelプロセッサ搭載Macに採用しているAMD Radeonよりも数倍速いとのことです。

    今後2年間でAppleシリコンに移行

    Appleは2020年6月に開催されたWWDC 2020にて、2022年中にIntelプロセッサからAppleシリコンへの移行を完了する予定だと発表していました。
     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:CONSOMAC, A.J. Kandy/Medium, Viktor Kádár Design/vimeo, Daniel Bautista/Behance, 工商時報
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次