企業秘密を漏洩したとして告発された元Apple従業員、現在は刑事事件として捜査中

    apple park

    apple park
     
    今年始め、Appleが元従業員を提訴したと報じられましたが、カリフォルニア州のサンタクララ郡地方検事局が、男性を刑事事件として捜査していることが、新たな法的文書で明らかになりました。

    Apple Carプロジェクトについても漏洩

    Appleに11年勤務し、MacBookの設計などに携わっていたサイモン・ランカスター氏は、社内会議で得られた情報やAppleの企業秘密を含む文書などを、報道関係者に漏らしていたとして、Appleから提訴されました。
     
    Appleの調査によると、同氏はApple Carプロジェクトとして知られる「Project X」についての情報もリークしていたようです。

    検事局はベテラン検事を配置

    これを受け、サンタクララ郡地方検事局は、ランカスター氏が企業秘密の窃盗容疑で犯罪捜査の対象となっていることをランカスター氏の弁護士に伝えた、と米メディア9to5Macが報じています。
     
    犯罪捜査には、国によるランカスター氏のオンラインアカウントと2台のコンピューターのへの捜索令状が含まれていたとのことです。
     
    令状の申請書では、問題の情報が盗まれたり横領されたこと、あるいは重罪の実行を証明する十分な理由が主張されていました。サンタクララ郡地方検事局は、この事件にベテランの検事を配置した、と伝えられています。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Travis Wise/Flickr
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次