トップページ > 最新情報 > M1X搭載Mac miniが現行モデルより小型化〜磁気給電端子、I/O情報も投稿
2021年5月25日 23時10分

読了まで 236

M1X搭載Mac miniが現行モデルより小型化〜磁気給電端子、I/O情報も投稿

M1X Mac mini FPT_11


 
リーカーのジョン・プロッサー氏が自身のYouTubeチャンネル「FRONT PAGE TECH」で、新しいAppleシリコン「M1Xチップを搭載し、筐体が小型化する新型Mac miniの情報をイメージ画像とともに伝えました。

Intelプロセッサ搭載を考慮しないことで現行モデルよりも小型化

プロッサー氏によれば、M1Xチップを搭載する新型Mac miniは、M1チップ搭載Mac miniより筐体が小さくなります
 
M1X Mac mini FPT_15
 
その理由として同氏は、M1チップ搭載Mac miniの筐体はIntelプロセッサ搭載Mac miniと同じものを利用していることから、内部に余裕があることを上げています。
 
M1X Mac mini FPT_16
 
発熱量の大きなIntelプロセッサの搭載を考慮すること無く、Appleシリコンに特化するのであれば筐体を小型化できるとし、プロッサー氏はM1Xチップ搭載Mac miniのイメージ画像を公開しました。
 
M1X Mac mini FPT_2

新型24インチiMacと同じ方式の給電端子採用か

M1Xチップ搭載Mac miniの給電端子は、新型24インチiMacと同じ磁気吸着方式になるようです。
 
M1X Mac mini FPT_14
 
また、本体背面にはUSB-A端子が2つ、Thunderbolt端子が4つHDMI端子が1つ、Ethernet端子が1つ搭載されるとプロッサー氏は伝えています。同氏の予想では、SDカードスロットは搭載されません。
 
M1X Mac mini FPT_10
 
本体底面にはゴム製の滑り止めが装着されるようです。プロッサー氏の予想通りであれば、M1Xチップ搭載Mac miniの底面は、新型24インチiMacのスタンド底面と同じようなデザインになるようです。
 
新型MacBook Airの底面も同様のデザインになると、プロッサー氏は伝えています。
 
M1X Mac mini FPT_7
 
M1Xチップ搭載Mac miniの筐体上面は側面と一体型のアルミニウムではなく、樹脂製ガラス(プレキシガラス)が装着されるとプロッサー氏は予想しています。
 
M1X Mac mini FPT_8
 
このことから、現行Mac miniでは本体底面から内部のロジックボードなどにアクセスしていたのが、M1Xチップ搭載Mac miniでは本体上面のプレキシガラスを取り外して内部にアクセスする構造になることも考えられます。
 
ただし、iPhone12シリーズのように筐体とガラスが接着されて一体化している場合は、ゴム製の滑り止め下に隠されたネジを外して底面からアクセスする構造になる可能性もありそうです。
 
M1X Mac mini FPT_13
 
実現するかは不確実ながら、本体上面のプレキシガラスをアルミニウム製筐体とは別の色とし、2トーンカラーのデザインとすることがApple社内で検討されていると、プロッサー氏は伝えています。
 
M1X Mac mini FPT_6

新型MacBook Proにも言及

プロッサー氏は動画の冒頭で、世界開発者会議(WWDC21)で新型MacBook Proが発表される可能性についても言及しています。
 

 
 
Source:FRONT PAGE TECH/YouTube
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる