トップページ > 最新情報 > M1搭載Mac miniは、Intelプロセッサ搭載モデルより内部スペースに余裕あり
2020年11月13日 01時25分

読了まで 20

M1搭載Mac miniは、Intelプロセッサ搭載モデルより内部スペースに余裕あり

Mac mini M1 and Intel_02


 
デザイナーのArun Venkatesan(@zhenpixels)氏が、M1チップ搭載Mac miniとIntelプロセッサ搭載Mac miniの筐体内部を写した画像を用いて、両モデルを比較しています。M1チップ搭載Mac miniのロジックボードはかなり小さく、筐体内部スペースに余裕があるのが確認できます。

内部スペースに大きな違い

iFixitによる分解レポートから、Intelプロセッサ搭載Mac miniには銀色の金属製シールドで覆われたSO-DIMMスロットや、冷却用のヒートパイプが搭載されていることが確認できます。マザーボードも、Mac miniの筐体内部の多くの面積を占めています。
 
Mac mini M1 and Intel_01
 
M1チップ搭載Mac miniのロジックボードはかなり小さく、筐体内部の半分程度に見受けられます。
 
Mac mini M1 and Intel_02


 

更に小型化可能か?

Mac mini Appleシリコン
 
ビクター・カダー氏とALTRD Studioは、M1チップ搭載Mac miniが発表される前に、現行モデルよりも大幅に小型化したMac miniのコンセプトモデルを制作・公開していました。
 
Arun Venkatesan(@zhenpixels)氏が紹介したM1チップ搭載Mac miniの内部スペースの余裕を考えると、将来的に筐体刷新のタイミングで大幅に小型化するのも可能ではと感じられます。
 
 
Source:Arun Venkatesan(@zhenpixels)/Twitter
Photo:Behance
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる