トップページ > iPhone13 > iPhone13用A15チップがTSMCの「N5P」で製造〜Mac用A15Tも製造か
2021年1月12日 01時20分

読了まで 145

iPhone13用A15チップがTSMCの「N5P」で製造〜Mac用A15Tも製造か

iphone13 コンセプト


 
Gizchinaが、iPhone13シリーズ(仮称:2021年モデル)用のA15チップは、TSMCの改良版5nmプロセスである「N5P」で製造されると報じました。同プロセスでは、デスクトップ向けの新型Appleシリコンや、Appleの自社設計GPUも製造されると噂されています。

「N5P」でA14やM2、自社設計GPUを製造か

iPhone12シリーズに搭載されているA14 Bionicの製造に用いられているTSMCの5nmプロセス「N5」に比べ、改良版の「N5P」では、同性能での消費電力改善率10%、同消費電力での性能向上率5%が実現される見通しです。
 
「N5P」では、iPhone13シリーズ用のA15チップだけではなく、A15Tチップと噂のデスクトップ向け新型Appleシリコンと、Appleの自社製GPUが製造されるとの報道がありました。

A16チップの製造は「N4」か「N3」か

TSMCは、2022年には「N5P」を更に改良した「N4」での半導体製造を開始するとみられています。Gizchinaは、「N4」でiPhone14(仮称:2022年モデル)用A16チップが製造されると伝えています
 
ただし、2022年下半期(7月〜12月)には3nmプロセス「N3」が立ち上がる予定であることから、A16の製造はこちらで行われるとの予想もあります。
 
 
Source:Gizchina
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる