トップページ > 最新情報 > TSMC、3nmプロセス製造施設が完成〜2022年にA16を生産か
2020年11月27日 00時15分

読了まで 138

TSMC、3nmプロセス製造施設が完成〜2022年にA16を生産か

Apple TSMC サムスン


 
台湾DigiTimesが、TSMCはSouthern Taiwan Science Park(STSP)に建設していた3nmプロセス製造施設の完成記念式典を開催したとのことです。TSMCは同施設において、2022年から3nmプロセスによる半導体製造を開始する予定です。

N5プロセスから大幅な性能向上予測

今回完成した3nmプロセス製造施設では、2022年下半期(7月〜12月)から商業用半導体製造が始まるとDigiTimesは伝えています。
 
Notebookcheckは、TSMCの3nmプロセスは5nmプロセスと比較して15%のパフォーマンス向上、30%の消費電力低減が実現されると予想しています。

TSMCの3nmプロセスで、A16を製造か

TSMCは第26回テクノロジー・シンポジウムにおいて、3nmプロセス「N3」でのリスク生産を2021年中に、量産を2022年第2四半期(4月〜6月)に開始する予定だと発表していました。
 
このN3では、Appleの2022年モデルiPhone向けSoCであるA16が製造されると予想されています。
 
 
Source:DigiTimes via Notebookcheck
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる