2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、初のAppleシリコン搭載Macは年内出荷と発表

    apple_apple-silicon_xcode-alert_06222020_big_carousel.jpg.medium

    apple_apple-silicon_xcode-alert_06222020_big_carousel.jpg.medium
     
    Appleは現地時間6月22日、世界開発者会議(WWDC 2020)の基調講演において、今後MacにはIntel製チップではなく、Apple開発の独自チップを搭載すると正式に発表しました。Appleシリコンを搭載した初のMacは年内に出荷し、今後2年かけて新Macへ移行するとしています。

    開発者支援プログラムを立ち上げ

    新しいCPUへの移行で最も懸念されているのがアプリの互換性です。AppleはAppleシリコン向けアプリの開発を促進するため、「ユニバーサルAppクイック・スタート・プログラム(Universal App Quick Start Program)」を立ち上げました。これはさまざまな文書、フォーラムのサポート、同時に発表した次期macOS「macOS Big Sur」ベータ版とXcode 12、そしてAppleのA12Z Bionic SoCをベースとしたMac開発システムである開発者移行キット(DTK)が利用できるというものです。

    2年で移行を完了

    Appleは、Appleシリコンを搭載した最初のMacを年内に出荷し、約2年でIntel製からApple製への移行を完了させる計画です。
     
    ただし今後も数年にわたり、Intel製チップ搭載Macのサポートを継続するとともに、macOSについてもIntel製チップ搭載Macに対応させるとしています。
     
    Appleによれば、macOS Big Surも、Appleシリコンへの移行において、重要な役割を果たします。開発者はmacOS Big SurそしてXcode 12があれば、現行のIntel製Mac向けアプリを数日あればAppleシリコン搭載Mac向けアプリで動くようにできるはず、とAppleは説明しています。

     
     
    Source:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次