トップページ > Mac > M1チップ搭載MacBook AirとPro、バッテリー駆動時間が大幅に延長
2020年11月11日 08時27分

読了まで 150

M1チップ搭載MacBook AirとPro、バッテリー駆動時間が大幅に延長

バッテリー駆動時間 13インチMacBook Pro


 
初のAppleシリコン「M1」チップ搭載モデル、13インチMacBook Air13インチMacBook Proを発表する際に、Appleが強調していた特徴のひとつが「バッテリー駆動時間の長さ」でした。

M1チップとmacOS Big Surで駆動時間が大幅延長

これまでほとんどのMacBookのバッテリー駆動時間は、10時間〜12時間とされてきました。ただしこれは「最良の場合」であり、通常使用では6時間〜8時間程度です。
 
ところがM1チップを搭載したMacBook AirとMacBook Proのバッテリー駆動時間は、M1チップとM1チップ向けに最適化されたmacOS Big Surにより、大幅に延長されています。

Intelチップ搭載モデルとの差が歴然

Appleによれば、13インチMacBook Airのバッテリー駆動時間は、ワイヤレスインターネット利用時で最大15時間、Apple TVアプリのムービー再生時で最大18時間です。
 

 
また13インチMacBook Proについては、ワイヤレスインターネット利用時で最大17時間、Apple TVアプリのムービー再生時で最大20時間と発表されています。これは歴代Macの中で、最も長い駆動時間です。
 

 
ちなみに販売が継続されるIntelチップ搭載13インチMacBook Proのバッテリー駆動時間は、ワイヤレスインターネット利用時で最大10時間、Apple TVアプリのムービー再生時で最大10時間と記されています。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる