トップページ > Apple TV > HomePod、1台でもDolby Atmosの立体音響に対応へ
2020年10月16日 01時14分

読了まで 226

HomePod、1台でもDolby Atmosの立体音響に対応へ

Apple HomePod


 
HomePodが、Apple TV 4Kとの組み合わせで、1台だけでもDolby Atmosの立体音響コンテンツ再生が可能になります。Apple TV 4KをtvOS14.2にアップデートすると実現します。

Dolby Atmosオーディオの再生に対応

iPhone12と同日に発表された、コンパクトな球形デザインで10,800円(税別)と手頃なHomePod miniが注目されていますが、元祖HomePodがソフトウェアアップデートで大きな進化を遂げます
 
現在ベータ3が公開されているtvOS14.2をインストールしたApple TV 4KとHomePodを組み合わせると、HomePodでDolby Atmos、5.1チャンネルや7.1チャンネルオーディオの再生が可能になることをAppleが認めた、とThe Vergeが報じています。
 
HomePodを2台組み合わせると最高の音響効果が得られますが、興味深いことに、HomePod1台だけでも立体音響を楽しむことが可能とのことです。

HomePod miniは非対応

Appleが、HomePod miniとHomePodの機能比較表で「Apple TV 4Kを使ったホームシアター」と表示されているのが、Dolby Atmos対応を示しているようです。
 
なお、HomePod miniはDolby Atmosに対応しません。
 
HomePod mini HomePod 比較
 
9to5Macによると、tvOS14.2の開発者向けベータ3では、HomePodをApple TV 4Kのデフォルトスピーカーとして設定すれば、その後に再設定しなくても、接続を維持できるそうです。これまでは、使うたびに再設定する必要がありました。

AirPods Proの空間オーディオもDolby Atmos対応

Dolby Atmosは、映画館などで採用されている立体音響フォーマットで、作品への高い没入感を味わうことができます。
 
AirPods Proで利用可能になった新機能「空間オーディオ」は、Dolby Atmosなどのオーディオ作品でユーザーの頭の動きに追従するようなサウンド体験を可能にしています。
 
Apple TV+では、「グレイハウンド」「テヘラン」など多くのDolby Atmos対応作品が公開されています。
 
Apple TV+
 
Appleは、2019年にApple TV+を利用開始したユーザーを対象に無料トライアル期間を延長すると報じられています。
 
2020年秋には、Appl TV+、Apple Music、Apple Arcade、iCloudストレージをセットにしたお得なバンドルサービスApple Oneが提供される予定です。
 
 
Source:The Verge, 9to5Mac
Photo:Apple (1), (2)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる