トップページ > 最新情報 > Appleのサブスクパック「Apple One」はどの程度お得なのか?
2020年9月16日 11時02分

読了まで 251

Appleのサブスクパック「Apple One」はどの程度お得なのか?

Apple One


 
Apple One」は、Appleが提供するサブスクリプションサービスをまとめてお得に利用できるサービスです。どの程度お得なのか、お得になるのはどんなユーザーなのかを検証しました。

個人プランとファミリープランの2タイプ

Appleは、現地時間9月15日の「Time Flies」イベントで、有料サービスをまとめた「Apple One」を2020年秋から提供すると発表しました。
 
Apple One
 
日本で契約できるのは、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudストレージの組み合わせで、個人プランとファミリープランが用意されています。ファミリープランは、最大6人でサービスを共有でき、iCloudストレージは容量をシェアできます。
 
Apple Oneの料金は、個人プランが1,100円/月、ファミリープランが1,850円/月で、内容は以下のとおりです。
 

  • Apple Music
  • Apple TV+
  • Apple Arcade
  • iCloudストレージ(個人:50GB、ファミリー:200GB)

 
Apple One
 

単体契約額と比較

Apple One対象の各サービスを単体契約した場合と比較すると、以下のとおりです。
 

サービス名 単体契約料金
(個人)
単体契約料金
(ファミリー)
Apple Music 980円/月 1480円/月
Apple TV+ 600円/月 600円/月
Apple Arcade 600円/月 600円/月
iCloudストレージ 50GB:130円/月 200GB:400円/月
単体契約額の合計 2,310円/月 3,080円/月
Apple One 1,100円/月 1,850円/月
単体契約との差額 1,210円/月 1,230円/月
(参考)Apple Music+iCloud 1,110円/月 1,880円/月

 

Apple Music+iCloudストレージとほぼ同額

各サービスの料金のうち、Apple MusicとiCloudストレージの合計額(個人は1,110円/月、ファミリーは1,880円/月)と、Apple Oneの月額料金がほぼ同額であることが分かります。
 
つまり、Apple MusicとiCloudストレージの有料プランを利用する方は、Apple Oneを契約すればApple TV+とApple Arcadeが無料でついてくる計算になります。
 
iCloudストレージをファミリーで共有し200GBで足りなくなる場合には、必要なストレージプランを別に購入し、容量を追加することができます。なお、200GBの上位のプランは2TB(1,300円/月)です。

未登録サービスは最初の1カ月間は無料

Apple Oneに含まれる各サービスは、サブスクリプションに未登録のサービスはすべて、最初の1カ月間は無料トライアルとして試すことができ、無料期間終了後は1カ月ごとのプランが更新されます。
 
Apple TV+はiPhone、iPad、Macなどの製品を購入して登録すると1年間無料になるほか、Apple Musicの学生プラン契約者は無料になる特典もあります。
 
Apple TV+では、AirPods Proに配信された最新のファームウェアとiOS14などで利用できる空間オーディオを楽しめるDolby Atmosなどのオーディオフォーマットの作品が数多く公開されています。
 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる