iOS14のデフォルトブラウザとメールの変更にバグ、再起動で設定リセット

    iOS14 ブラウザ

    iOS14 ブラウザ
     
    iOS14では、デフォルトのブラウザとメールアプリをユーザーが変更できる機能が追加されています。しかし、iPhoneを再起動すると変更がリセットされ、元に戻ってしまうバグがあることが判明しました。

    ブラウザとメールのデフォルトアプリ、変更しても元に戻る

    iOS14では、「Safari」と「メール」以外のブラウザとメールアプリを「設定」アプリからデフォルト設定可能になり、URLやメールアドレスをクリックした時に開くブラウザをユーザーが変更可能です。
     
    ブラウザではChrome、Edge、DuckDuckGoなど、メールアプリではMicrosoft Outlookなどがこの機能に対応しています。本稿執筆時点で、Gmailは未対応です。
     
    しかし、これらの設定がiPhoneを再起動すると元の設定に戻ってしまう、と9to5Macが報告しています。
     
    iOS14 デフォルトブラウザ
     
    筆者もブラウザアプリを変更後、iPhoneを再起動するとデフォルトブラウザがSafariに戻る現象を確認しました。
     
    iOS14のバグと思われ、今後のアップデートで修正されるとみられます。

    一部のアプリはiOS14未対応

    iOS14は、最終ベータであるGM(ゴールデンマスター)リリースから正式版リリースまで1日しか時間がなかったこともあり、一部のアプリがiOS14に未対応となっています。
     
    また、「ショートカット」や「App Store」などでもバグが発見されており、近々の修正が期待されています。
     
    なお、iOS14と直前バージョンのiOS13.7の動作速度を比較したYouTubeチャンネルは、iOS14はiPhone6sなどの古いモデルでもスムーズに動作した、と報告しています。

     
     
    Source:9to5Mac
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次