トップページ > 最新情報 > DuckDuckGo、iOS14に対応しデフォルトブラウザに設定が可能に
2020年9月17日 11時12分

読了まで 149

DuckDuckGo、iOS14に対応しデフォルトブラウザに設定が可能に

DuckDuckGo
 
AppleはiOS14/iPadOS14で、デフォルトのブラウザとメールアプリの代わりにサードパーティー製のアプリを設定できるようにしています。ブラウザ及びメールアプリの開発者は、iOS14/iPadOS14のアップデートが可能になったため対応を実施しています。

DuckDuckGo、デフォルトブラウザとして設定可能に

プライバシー重視のブラウザ「DuckDuckGo」が、iPhoneとiPadのデフォルトのブラウザアプリとして設定できるようになり、Safari代替として機能します。DuckDuckGoをデフォルトに設定すると、iPhoneまたはiPad上でURLをタップすると、SafariではなくDuckDuckGoで開くようになります。
 
DuckDuckGoのブログでは、同ブラウザをデフォルトに設定することで、サードパーティーによるトラッキングを完全にブロックすると同時に、Web検索やブラウジングの際のプライバシーの保護がより強化されると述べられています。
 
DuckDuckGoをデフォルトのブラウザとして設定するには、App Storeより同ブラウザをインストールし、「設定」を開いてリストから「DuckDuckGo」を選択し「デフォルトブラウザアプリ」をタップします。
 
ChromeとMicrosoft EdgeもまたiOS14に対応しており、デフォルトブラウザとして設定できます。また、DuckDuckGoの検索ウィジェットがiPhoneのホーム画面に追加できるようになっています。
 

 
 
Source:MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる