トップページ > iOS > 【iOS14/iPadOS14】標準ブラウザ/メールアプリの設定変更方法
2020年7月23日 03時20分

読了まで 213

【iOS14/iPadOS14】標準ブラウザ/メールアプリの設定変更方法

iOS14 ブラウザ
 
iOS14/iPadOS14では、デフォルトのブラウザとメールアプリをユーザーが変更できるようになります。現時点では開発者向けベータでも利用できない同機能の動作を米メディア9to5Macが紹介しています。

iOS14/iPadOS14で好みのブラウザ/メールアプリを設定可能に

iOS14/iPadOS14では、URLやメールアドレスをクリックしたときに起動するブラウザとメールアプリを、Safariと標準の「メール」アプリから変更可能になります
 
iOS14/iPadOS14でこの機能が使えるのを楽しみにしている方も多いことと思いますが、先日公開された開発者向けベータ2でも、この機能は利用可能になっていません。
 
この機能の動きを見る機会があったという9to5Macが、実際の動作をレポートしています。

初回だけ確認メッセージを表示

対応するブラウザアプリがインストールされると、「設定」でブラウザアプリのメニューに「標準のブラウザアプリ(Default Browser App)」というメニューが追加されます。
 
画像左が、ブラウザアプリ「TestBrowser」の設定メニューです。「標準のブラウザアプリ」が変更可能になっています。
 
iOS14 デフォルトブラウザ変更 9to5Mac
 
このメニューから、Safari以外のブラウザアプリを選択すると、URLをクリックしたときに、選択したブラウザアプリが起動します。メールアプリの場合も同様に設定可能です。
 
iOSは、リンクやメールアドレスをクリックしてサードパーティー製ブラウザやメールアプリを最初に起動するとき、上の画像右のように確認メッセージを表示しますが、いちど「確認」を選択すれば、その後メッセージは表示されなくなります。
 
以下のGIFアニメーションでは、「連絡先」アプリのURLをクリックして、「TestBrowser」が起動する様子が確認できます。
 
iOS14 デフォルトブラウザ変更 9to5Mac
 

対応ブラウザはApp Storeの審査が必要

9to5Macによると、デフォルトのブラウザ、メールアプリとして利用可能になるためには、App Storeによる審査が必要となります。
 
そのため、秋にiOS14の正式版が公開されるまで、開発者でもデフォルトブラウザ/メールアプリの設定変更機能は利用できないだろう、と同メディアは指摘しています。
 
 
Source:9to5Mac
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる