トップページ > 最新情報 > きょう深夜2時から!WWDC 2020の配信視聴方法&見どころまとめ
2020年6月22日 19時48分

読了まで 323

きょう深夜2時から!WWDC 2020の配信視聴方法&見どころまとめ

Apple Developer app


 
Appleは、現地時間6月22日午前10時(日本時間23日午前2時)より、世界開発者会議(WWDC 2020)を開催します。今回はWWDC史上初の完全オンラインでの開催で、基調講演ではiOS14iPhoneOS14とも)など次世代OSの概要が発表されるとみられます。

完全オンラインでの開催、基調講演は事前録画の映像を配信?

WWDC 2020は日本時間6月23日~6月27日に開催されます。次世代OSが発表されるのは23日午前2時~午前4時に配信されるスペシャルイベント基調講演で、Apple公式サイトやApple Developerアプリ、Apple TVアプリ、YouTubeなどの動画配信サイトで視聴可能です。
 
6月中旬にメディア関係者向けに送付されたイベントの招待状には「ライブ」の表記がないことから、基調講演はリアルタイムではなく事前録画した映像が配信されるとみられています。
 
基調講演後も、Appleのエンジニアによる各OSの最新技術に関する説明や、技術とデザインに特化した100以上のセッションなどの映像が配信される予定です。
 
Apple公式Twitterのツイートを「いいね」しておくと、基調講演の開始前に通知してくれます。
 

 

WWDC 2020ではなにが発表される?

毎年WWDCの基調講演では、iOSやmacOSの次世代バージョンが発表されるほか、年によっては新しいハードウェアも発表されています。2019年開催のWWDC 19では、プロ向けデスクトップMac Proと、Pro Display XDRが発表されました。
 
WWDC 2020では、次世代OSのほか、さまざまなハードウェアの発表が期待されています。
 

  • ARMプロセッサ搭載のMac
  • Face IDに対応する?新型iMac
  • 紛失防止タグ「AirTags
  • オーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio
  • ワイヤレス充電マット「AirPower

 
イベントの配信が始まるまでは、こちらの記事で復習しましょう。

 

WWDC 2020をさまざまな方法で視聴しよう

Apple公式サイトで視聴する

 
Apple公式サイト内のApple Eventsページ、開発者向けWebサイトにて、WWDC 2020の配信を視聴できます。
 
Apple Eventsページ:https://www.apple.com/apple-events/event-stream/
開発者向けWebサイト:https://developer.apple.com/wwdc20/

 

Apple Developerアプリで視聴する

 
iPhone、iPod touch、iPad、Mac、Apple TVの各Apple製品向けに、WWDC 2020の配信を視聴できるアプリ「Apple Developer」が提供されています。視聴したい端末であらかじめインストールしておきましょう。
 
アプリの利用条件は、macOS 10.15以降、iOS12.4以降となっています。
 

 

YouTubeで視聴する

 
WWDC 2020の基調講演は、動画配信サイトYouTubeでも視聴可能です。配信予定の動画ページはすでに公開されており、日本時間6月23日午前2時から配信予定です。
 

 

「macwebcaster.com」の同時通訳配信を視聴する

 
例年のWWDCは全編英語で配信されています。英語がわからない方でもリアルタイムに発表内容を楽しめるよう、macwebcaster.comが日本語での同時通訳放送を配信します。
 
視聴方法はYouTube、ニコニコ生放送、TwitCasting、twitch、mixerで、配信サービスによって通訳音声の遅延時間が異なります。WWDC 2020基調講演直前予想番組が23日午前1時15分ごろより開始し、同午前2時ごろより同時通訳が始まる予定です。
 

 
 
Source:Apple, macwebcaster.com
Photo:Apple
(asm)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる