トップページ > 最新情報 > Apple、WWDC 2020の開催要項を発表!基調講演は日本時間23日2時から
2020年6月12日 01時55分

読了まで 251

Apple、WWDC 2020の開催要項を発表!基調講演は日本時間23日2時から

Apple WWDC 2020


 
Appleは、現地時間6月22日からの世界開発者会議(WWDC 2020)の開催要項を発表しました。iOS14などの発表が行われる基調講演は、日本時間6月23日の午前2時に開始されます。

史上初のオンラインWWDC

Appleは現地時間6月11日、史上初のオンラインで開催すると予告していたWWDC 2020の日程を発表しました。
 
現地時間6月22日の基調講演で開幕し、6月26日までの期間で開催されます。
 

スペシャルイベント基調講演

6月22日午前10時(日本時間:6月23日午前2時)
iOS14をはじめとする次世代OSが発表される、WWDCのハイライトです。Apple Parkで行われる基調講演は、AppleのWebサイト、Apple Developerアプリ、Apple Developer Webサイト、Apple TVアプリ、YouTubeでライブ配信されるほか、後からオンデマンド再生もできます。
 
YouTubeなどが規制されている中国向けには、Tencent、iQIYI、Bilibili、Youkuでも配信されます。
 
Appleは言及していませんが、基調講演の映像はiPhoneで撮影されるとの情報もあります。
 

Platforms State of the Union

6月22日午後2時(日本時間:6月23日午前6時)
Appleのエンジニアによる、iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSの最新技術についての説明を聞くことができます。
 
Apple Developerアプリ、Apple Developer Webサイトで視聴できます。

 

100以上のエンジニアリングセッション

6月23日から26日(日本時間:6月24日未明~27日)
Appleのエンジニアによる、技術とデザインに特化した100以上のセッションが提供されます。
 
セッションの映像は、日本時間の毎日午前2時から公開され、iPhone、iPad、Apple TVのApple Developerアプリ、Apple Developer Webサイトで視聴できます。

 

Apple技術者と話せるApple Developerフォーラム

Apple Developerフォーラムが6月18日からデザインが一新されます。1,000名以上のAppleエンジニアが開発者からの質問に回答し、ディスカッションもできます。
 
質問の投稿、Appleのエキスパートから直接アドバイスをもらえるのはApple Developer Programメンバー限定です。

 

1対1の開発者ラボ(予約制)

6月23日~26日(日本時間:6月24日未明~27日)
Appleのエンジニアとの面談をリクエストし、マンツーマンの技術指導や新機能の実装方法について詳しい説明を受けることができます。
 
Apple Developer Programメンバーは、誰でも参加できますが、定員制です。

詳細はApple Developerアプリで確認を

WWDC 2020関連のその他の情報は、Apple Developerアプリを通じて案内されるとして、Appleは同アプリのインストールを推奨しています。
 

 

学生向けコンテストの入賞者は6月16日に発表

Appleは、アプリ開発に取り組む世界の学生を対象とした、Swift Playgroundによるプログラミングコンテスト「Swift Student Challenge」の入賞者を6月16日に発表します。

 
 
Source:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる