トップページ > 最新情報 > WWDC 2020基調講演のYouTube配信用リンクが公開、予告ツイートも
2020年6月17日 18時29分

読了まで 219

WWDC 2020基調講演のYouTube配信用リンクが公開、予告ツイートも

Apple YouTube WWDC 2020
 
Appleは、現地時間6月22日に開幕する世界開発者会議(WWDC 2020)に向けて、公式YouTubeチャンネルのリンクを公開しました。配信前にリマインダーを受け取ることができます。Twitterアカウントでの予告も実施されています。

基調講演の配信用リンクが公開

初のオンライン開催となるWWDC 2020は、現地時間6月22日午前10時(日本では6月23日午前2時)からの基調講演で幕を開けます。
 
基調講演の模様は、AppleのWebサイト、「Apple Developer」アプリ、Apple TV、YouTubeなどで配信され、誰でも無料で視聴できます。
 
Appleが公開した、基調講演のライブ配信が行われるYouTubeチャンネルの動画リンクは、動画の配信が始まるまで再生することはできませんが、リマインダーを設定しておくと、配信前に通知を受けることができます。
 
なお、Appleが公開したWWDC 2020の開催要項に「ライブ配信」との文字がないことから、基調講演は録画した映像が配信される可能性があります。
 

 

「いいね」しておくと通知が届くツイートも

Appleは、公式Twitterのツイートを「いいね」しておくと、基調講演の開始前に通知してくれるツイートも発信しています。
 


 

各種ハードウェアの発表も?

WWDCの基調講演では、iOSやmacOSの次世代バージョンが発表されるほか、年によっては新しいハードウェアも発表されています。
 
昨年のWWDC 19では、プロ向けデスクトップMac ProとPro Display XDRが発表されています
 
iPhone Maniaでは、WWDC 2020の基調講演で発表が期待されるハードウェアをまとめています。
 

  • ARMプロセッサ搭載のMac
  • 新型iMac(Face IDに対応?
  • 紛失防止タグ「AirTags」
  • オーバーイヤーヘッドホン「AirPods Studio」
  • ワイヤレス充電マット「AirPower」

 
 
Source:Apple/YouTube, Apple/Twitter, MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる