トップページ > おすすめアプリ > Apple、iPadのトラックパッドに対応のiWork、iMovieを公開
2020年4月2日 08時20分

読了まで 154

Apple、iPadのトラックパッドに対応のiWork、iMovieを公開

iWork iMovie 
Appleは、iOS版iWorkアプリ、iMovieアプリのアップデートを公開しました。iPadのトラックパッド対応、iOS13.4/iPadOS13.4の新機能に対応しています。対応デバイスがあれば、すべて無料で利用できます。

トラックパッドに対応、iCloudフォルダ共有に対応など

Appleが提供するiWorkは、文書作成のPages、表計算のNumbers、プレゼンテーションのKeynoteのアプリの総称です。
 
iWork
 
今回のアップデートにより、iOS13.4iPadOS13.4で追加されたiCloud Driveのフォルダ共有などの新機能に対応しているほか、利用できるテーマの追加などが行われています。
 
また、iPadOS13.4で対応したトラックパッドも利用可能となっています。
 

 

 

 

iMovieもトラックパッド対応

簡単に使える動画編集アプリのiMovieも、トラックパッドやマウスに対応し、編集操作の幅が広がっています。
 
このほか、キーボードショートカットによる各種操作にも対応しています。
 

 

サードパーティもトラックパッド付きキーボードを発売

iPad用のトラックパッド付きキーボードは、iPad Pro用にはAppleがMagic Keyboardを5月に発売するほか、Brydgeも発売を予告しています
 
このほか、LogicoolがiPad Air(第3世代)やiPad(第7世代)用のトラックパッド付きキーボードを発売する予定です。
 
 
Source:Apple, MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる