トップページ > 最新情報 > 2020年、iPhoneが5Gスマホ出荷台数でトップシェア獲得か
2019年11月16日 01時22分

読了まで 216

2020年、iPhoneが5Gスマホ出荷台数でトップシェア獲得か

iPhone12 コンセプト PhoneArena
 
2020年に、5Gに対応したiPhoneが発売されれば、Appleは5G対応スマートフォンでは後発ながら、一気にトップシェアに躍り出る、との予測が発表されました。

iPhoneが5G対応すれば一気にシェアトップ獲得へ

Appleは現在、5G対応のiPhoneを販売しておらず、5G対応スマートフォンではSamsungやHuaweiが先行しています。
 
しかし、調査会社Strategy Analyticsは、噂どおり2020年に5G対応のiPhoneが3モデル発売されれば、通常の買い替えサイクルによって、5Gスマートフォン出荷台数でシェアトップを獲得できる、と予測しています。
 
Strategy Analyticsによると、現時点ではSamsungが5Gスマートフォンのトップシェアを獲得していますが、2020年には、Huaweiが中国、Appleがアメリカでそれぞれ5Gスマホ市場をリードする存在になるとのことです。
 
ただし、Samsungが5G対応を低価格スマートフォンにまで拡大することで、長期的にはSamsungが5Gスマートフォン全体のリーダーに返り咲くだろう、とも予測しています。
 
2020年5Gスマートフォン出荷台数予測 Strategy Analytics
 

2020年も3モデルのiPhone発売、とクオ氏

2020年も、2019年と同様に3モデルのiPhoneが発売され、いずれも5Gに対応するだろう、とAppleに関する精度の高い情報で知られるアナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。
 
クオ氏は以前、2020年のiPhoneで5Gに対応するのは3モデル中2モデルのみだろう、と予測していましたが、その後、予測内容を変更しています。
 
2020年のiPhoneについてクオ氏は、iPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxの後継にあたる5.4インチと6.7インチの2モデルと、iPhone11の後継にあたる6.1インチモデルが発売されるとの見通しを明かしています。

iPhone用の5Gモデムは最初はQualcomm製

2020年のiPhoneに搭載される5Gモデムは、訴訟合戦の末に和解したQualcomm製になり、2022年頃にApple製に切り替わると予測されています。
 
AppleがIntelのモデム事業部門を買収したのは、5Gモデムの内製化が目的とみられています。

 
 
Source:Strategy Aanalytics via MacRumors
Photo:PhoneArena
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる