2020年のiPhoneは2モデルが「5G」対応、全モデルOLED搭載か

    Apple iPhone XS

    Apple iPhone XS
     
    2020年に発売されるiPhoneは3モデルで、5.4インチと6.7インチモデルが5Gに対応し、6.1インチモデルは非対応となる、との予測を、著名アナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

    5.4インチと、6.7インチのiPhoneが5G対応

    次世代モバイル通信規格5Gに対応したiPhoneが2020年に発売される、との予測を発表したのは、Apple関連の正確な情報で知られるアナリストのミンチー・クオ氏です。
     
    クオ氏は、2020年のiPhoneは有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の3モデルが発売される、と予測しています。
     
    そのうち、5.4インチと、6.7インチの2モデルが5Gに対応し、6.1インチモデルはLTE通信のみに対応する、とのことです。
     
    ミンチー・クオ氏 iPhone 5G 2002年 AnTuTu
     

    iPhone XSが小さく、Maxは大きく進化か

    クオ氏の予測にある3モデルのサイズ展開は、サプライヤーの動向に詳しい台湾メディアDigiTimesが4月に報じた内容と一致しています。
     
    iPhone XSの5.8インチが、2020年モデルでは5.4インチへと小型化する一方、iPhone XS Maxの6.5インチが6.7インチへと大型化することを指していると考えられます。
     
    6.1インチモデルは、現在のiPhone XRと同じサイズに据え置かれることとなります。

    2022年か2023年にはApple製の5Gモデム搭載?

    Appleは、訴訟合戦を繰り広げていたQualcommと和解したことで、5G対応iPhoneを販売可能になったとみられています。
     
    クオ氏は、2021年に発売されるiPhoneは全モデルが5G対応となり、2022年から2023年にかけて、Appleが自社開発した5Gモデムチップを搭載したiPhoneが発売される、とも予測しています。
     
     
    Source:AnTuTu via MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次