トップページ > 最新情報 > AppleとQualcommが全面的に和解
2019年4月17日 06時38分

読了まで 147

AppleとQualcommが全面的に和解

qualcomm-hq-2-web
 
AppleQualcommは現地時間4月16日、両社の間で全世界で行われてきた訴訟を取り下げ、全面的に和解したと発表しました。これにより、QualcommとAppleサプライヤー間での係争も終了します。

6年間のライセンス契約も締結

両社は全世界でのすべての訴訟を終了することで全面的に合意しました。Appleは、停止していたQualcommへの支払いも行います。
 
またAppleとQualcommは2019年4月1日から有効となる、6年間のライセンス契約も同時に締結しました。同契約には2年間延長可能となるオプションが含まれ、さらに複数年のチップセット供給契約も含まれます。

5G対応iPhoneの登場が早まる可能性も

AppleからQualcommへのロイヤリティの支払いは70億ドル(約7,840億円)に上ると推測されています。合意の詳細は不明ですが、iPhoneが再びQualcomm製のモデムチップを搭載するのは確かでしょう。
 
AppleはQualcommとの係争が始まって以来、同社のモデムチップをIntel製へと切り替えていました。
 
また全面的な和解は、5G対応iPhone登場が早まる可能性にもつながります
 
これまでの経緯から、両社の合意は非常に難しいと見られていました。現地時間で4月15日に米カリフォルニア州サンディエゴの裁判所で始まった裁判は、当初5月まで継続する見通しでした。

 
 
Source:Apple,9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる