トップページ > iPhone > 2020年発売のiPhoneは3モデルとも5G対応〜クオ氏予想
2019年7月29日 10時55分

読了まで 220

2020年発売のiPhoneは3モデルとも5G対応〜クオ氏予想

Apple iPhone XS iPhone XR
 
来年(2020年)の発売が見込まれるiPhoneは、3モデルすべてが5G対応になるとの予想を、著名アナリストのミンチー・クオ氏が明らかにしました。

Androidスマホに対抗するため3モデルとも5G対応に

クオ氏は以前の予測では、2020年に発売される3モデルのiPhoneのうち、2モデルのみが次世代モバイル通信規格5Gに対応すると述べていました。
 
しかし同氏は今回、投資家向けに配布した調査メモにおいて、Appleは低価格の5G対応Androidスマートフォンに対応するために、2020年発売の全iPhoneを5G対応にすると記しています。Intelのモデム事業買収により、開発に必要なリソースが増えたことがその背景にあるようです。
 

2020年後半に登場する新しいiPhone全3モデルが、5G対応になると考えている。理由は次の通り。
 
(1)Intelのベースバンド事業買収後、5G対応iPhone開発のリソースが増えた
 
(2)5G対応Androidスマートフォンの価格は2020年後半に249ドル〜349ドルまで値下がりすると思われる。ただし249ドル〜349ドルクラスの5G対応Androidスマホは、サブ6GHz帯しかサポートしないだろう。また消費者が2020年後半には、5G対応を重視するようになる。したがってより値段の高いiPhoneが通信キャリアの支持を得て、消費者の購買意欲を獲得するには、5G対応が必須となる
 
(3)5G開発促進は、Appleの拡張現実(AR)エコシステムにメリットがある

5G対応iPhoneは2バージョンになる?

クオ氏は対応周波数帯について、Appleが2バージョンの5G対応iPhoneを検討している可能性があるとしつつも、そこまでの開発リソースを持たないのではないかとも述べています。
 

AppleはiPhoneのシェアを増やすため、サブ6GHz帯のみの市場(例:中国市場)向けに、サブ6GHz帯のみに対応する低価格の5G iPhoneを発売するかも知れない。しかしサブ6GHz帯のみに対応する5G iPhoneと、サブ6GHz帯とミリ波帯の両方に対応する5G iPhoneは、フォームファクタ設計が共通しているとはいえ、全く異なるプロジェクトとなってしまう。

 
AppleがIntelのモデム事業を買収したとはいえ、2020年発売の5G対応iPhoneが搭載するのはQualcommのモデムチップです。Appleが自社開発のモデムチップを採用したiPhoneをリリースするには、まだ数年を要するでしょう。

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : iPhone, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる