iPhone11シリーズの超広帯域無線(UWB)アップデート、失敗で要修理の場合も

    iOS13 超広帯域無線(UWB)のアップデートに失敗

    iOS13 超広帯域無線(UWB)のアップデートに失敗
     
    iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxで、iOSと同時にアップデートされることのある超広帯域無線(UWB)のアップデートに失敗すると、修理が必要となる場合があります。

    iOSと一緒にUWBもアップデートされることがある

    iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxには、Apple製のU1チップが新搭載されており、超広帯域無線(UWB)が利用可能です。
     
    UWBは、iOS13と同時にアップデートが行われる場合があり、UWBのアップデートに失敗すると、以下のメッセージが表示されることがある、とMacお宝鑑定団Blogが報じています。
     

    超広帯域無線(UWB)のアップデートができませんでした
    超広帯域無線(UWB)をアップデートするまではiPhoneでUWBを使用できません。

     
    iOS13 超広帯域無線(UWB)のアップデートに失敗
     

    パソコン経由の再アップデート、できない場合は要修理

    Appleは、この問題が発生した場合の対処法として、iPhoneをバックアップした上でコンピュータ(MacまたはWindowsパソコン)に接続し、コンピュータ経由でアップデートを行うよう案内しています。
     
    もし、コンピュータ経由のアップデートでも問題が解決しない場合や、アップデートに使えるコンピュータがない場合は、Appleサポートに連絡のうえ、持ち込みまた配送での修理が必要となります。
     
    iOS13 超広帯域無線(UWB)のアップデートに失敗
     

    AirDropの精度向上に活躍、紛失防止タグに活用との噂も

    Appleは、U1チップについて、空間認識のための超広帯域テクノロジーが利用可能となり、U1チップを搭載したデバイスどうしの位置を正確に認識し、AirDropの精度が向上すると説明しています。
     
    Apple iPhone11 Pro U1チップ
     
    Appleは「U1とiOS13が連動すると、ほかにも様々なことができるようになります」とも案内しており、iOS13のベータから多くの情報が発見された紛失防止タグにも活用されるのではないか、と噂されています。
     
    iFixit iPhone11 Pro Max 分解
     
    iPhone11iPhone11 Proを分解したiFixitは、各モデルの本体上部に配置された3つのパーツがU1チップではないか、と推測しています。
     
     
    Source:Apple, Macお宝鑑定団Blog
    Photo:iFixit
    (hato)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次