トップページ > 最新情報 > Samsung、新製品CMでiPhoneのバッテリー問題を執拗に攻撃

読了まで 238

Samsung、新製品CMでiPhoneのバッテリー問題を執拗に攻撃

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Samsung CM
 
Samsungが、新製品Galaxy S9の動作の速さをアピールするCMで、Appleがバッテリー性能が低下したiPhoneでパフォーマンスを抑制していた問題を露骨に攻撃しています。同社は、以前もiPhoneを標的にした広告をしていました。

iPhone6の動作にいら立つ女性

日本では見かけませんが、アメリカでは、ライバル製品を露骨に攻撃するCMが放送されています。今回のSamsungのCMも、以前のCMと同様、「そこまで露骨に攻撃していいの?」と思ってしまうほど、iPhoneのパフォーマンス抑制問題を攻撃しています。
 
空港でのセキュリティチェックに並ぶ女性。iPhone6の画面がなかなか表示されず、動作の遅さにストレスをためています。
 
Samsung CM
 
お母さんからも「もうiPhone6から買い替えた?」とからかわれる始末です。
 
Samsung CM
 
飛行機で隣の席になった男性は、Samsungの最新モデル、Galaxy S9+でゲームを楽しんでいます。
 
Samsung CM
 
Apple Storeを見つけ、タクシーを止めて駆け込む女性。
 
Samsung CM
 
なぜか薄暗いApple Store店内で、サポート担当らしきスタッフにiPhone6が遅いことを相談すると「パフォーマンス管理機能をオフにすれば、動作の遅さは改善しますが、突然シャットダウンしますよ、もしくは買い替えですね」と冷たく言われてしまいます。
 
Samsung CM
 
Apple Storeを後にすると、どこかで見かけた男性が、同じ髪型の子どもを抱いて歩いています。
 
Samsung CM
 
女性は結局、SamsungのGalaxy S9に買い替えました、というオチです。
 
Samsung CM
 
CMの動画はこちらからご覧ください。
 

iPhoneのパフォーマンス制御問題

Appleは、リチウムイオンバッテリーが劣化して安定した電力を供給できなくなった場合、突然のシャットダウンが発生するのを防ぐためにiPhoneの最大パフォーマンスを抑制していたことを認めました。
 
2017年末、Appleはユーザーへの説明が不十分だったことを謝罪し、希望者にはバッテリー交換料金を減額する対応を取ったほか、iOS11.3では、バッテリーの状態をユーザーが確認できる機能を追加しています。
 
なお、長期間の使用による性能劣化は、リチウムイオンバッテリーの性質上、避けられないものであり、Appleに固有の問題ではありません。

バッテリー問題で大きな代償を払ったSamsung

一方のSamsungは、2016年にGalaxy Note 7のバッテリーが爆発・炎上する事故が多発、飛行機内への持ち込みが禁止されるなどの騒動となり、世界的なリコールに発展しました。
 
Samsungは、対応に約50億ドル(現在のレートで約5,500億円)を要した事故の原因を、バッテリーの問題と発表しています。
 
なお、昨年秋にiPhoneを茶化したCMを公開したSamsungですが、そのCMはMotorolaに茶化されています

 
 
Source:YouTube, AppleInsider
(hato)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneXS/XS Max/XRの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる