トップページ > 最新情報 > iPhoneの原価、6年で2倍に上昇していた

読了まで 224

iPhoneの原価、6年で2倍に上昇していた

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone X 原価 IHS Markit
 
iPhone Xの価格が999ドル(日本国内では112,800円)と知った時、ユーザーの何割かは「どうしてiPhoneはこんなに高くなったのだろう」と感じたかも知れません。しかし、Appleが理由もなく値上げしているわけではないのです。6年間でiPhoneの製造コストは2倍にも上昇しています。

iPhone Xのコストが高いわけ

研究開発費や広告宣伝費、流通費などを除外し、単純に部品コストだけに着目すると、iPhone Xの原価は370.25ドル(約41,460円)ほどになると見積もられています(IHS Markit調べ)。
 
しかし、2011年に発売されたiPhone4sの16GBモデルの製造コストが196ドル(約21,950円)ほどであることを思うと、わずか6年間でコストは2倍前後にも上昇した計算です。以下のグラフは、リサーチ企業Statistaが2011〜2017年までのiPhoneのコストを比較したものです。
 
iphone4s iphone x コスト 推移 部品
 
図を確認すると、iPhone8 PlusとiPhone Xの2モデルが、それ以外に比べて突出していることが分かります。iPhone8 Plusについては、iPhone7 Plusが掲載されていないので不明ですが、デュアルカメラを搭載したぶんだと推測できます。
 
またiPhone Xについては、デュアルカメラに加え、有機EL(OLED)ディスプレイを採用していることが原因とされ、実に部品コストの3分の1を占めている(約110ドル)という試算もあります。

部品コストは2倍に上昇も販売価格は1.5倍

ちなみに、iPhone4sはアメリカで発売当初、SIMフリー版が649ドル(約72,600円)でした。
 
そうした上で販売価格を考えると、製造コストが196ドルからiPhone Xで370ドルと2倍近くに跳ね上がったのに対し、価格の上昇幅は649ドルから999ドルと1.5倍ほどに抑えられていることが分かります。また、部品コスト(製造コスト)を抜いたAppleの取り分も、約450ドル〜600ドル(約50,000円〜67,200円)と、ほぼ一定となっていることも確認できます。
 
理由もなく、いたずらに販売価格が上昇していく、というわけではないのです。
 
 
Source:Phone Arena,IHS Markit
(kihachi)
 
 

--PR--

[公式] - 新発売 iPhoneX/8/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる