トップページ > 最新情報 > 米iPhoneユーザー、2016年のApp Store購入額は平均40ドル

読了まで 217

米iPhoneユーザー、2016年のApp Store購入額は平均40ドル

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

App Store
 
アメリカのiPhoneユーザーがiOS App Storeで使った金額は平均40ドルで、2015年の同35ドルから上昇したことがわかりました。

ゲームの売上が大多数

Sensor Towerの調査データによると、アメリカのiPhoneユーザーが2016年通年でApp Storeアプリに費やした金額(アプリ内課金含む)は平均40ドルで、2015年の平均35ドルから5ドルアップしました。
 
内訳ではモバイルゲームが27ドルと圧倒的多数を占めているものの、エンターテインメントが前年の1ドルから2.3ドルと倍以上に増えるなど、他のカテゴリーの売上も上昇しています。

エンターテインメントの売上が倍以上に

Sensor Towerによれば、2016年にはHBO NOW、Hulu、Netflixといったアプリの収益増が、エンターテインメント分野の売上および課金増に貢献した模様です。
 
NetflixのアプリがApp Storeに追加されたのは2015年第4四半期ですが、同四半期におけるNetflixの売上は約790万ドル(約8億9,300万円)でした。それが2016年第4四半期には5,800万ドル(約65億5,400万円)以上へと成長しており、当然ながらアプリ内売上もアップしています。

すべての分野で売上げアップ

その他のカテゴリーで上昇が目立つのは写真とビデオで、2015年の数字が0.3ドルと小さいためもあって倍増しています。この分野での主な貢献社はYouTube Redのサブスクリプションです。
 
また音楽、ソーシャル・ネットワーキング分野もそれぞれ20セントずつ売上を伸ばしています。
 
SensotrTower

アプリのインストール数は減少傾向に

しかし興味深いのは、App Storeの売上が伸びる一方で、iPhone 1台あたりのアプリのインストール数は減少している点です。2015年は平均35だったのが、2016年は33となりました。もっともインストール数が多いゲームも、昨年の10.5から9.9へと減少しています。
 
そして特に落ち込みが目立つのが、Facebook、Messenger、Snapchatといったソーシャル・ネットワーキングです。
 
Sensor Towerは、ユーザーがより確立されたアプリのみをインストールする傾向が高まっており、収益のある全体の1%のアプリが、アプリ内課金の94%以上を占めていると記しています。
 
us-iphone-downloads-per-device
 
 
Source:Sensor Tower via AppleInsider
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone7/Plusの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone 7/7 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる