トップページ > 最新情報 > Apple「CareKit」を発表~患者が自分の症状を理解・管理可能に

読了まで 139

Apple「CareKit」を発表~患者が自分の症状を理解・管理可能に

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

CareKit
 
Appleは現地時間21日、オープンソースのヘルスケアアプリ開発フレームワーク「CareKit」を発表しました。CareKitによる最初のアプリは、パーキンソン病の患者向けのものとなります。

患者が自分の病状をより正確に把握

CareKitは、患者が自分の病状を知り、管理するためのアプリ開発を実現する、オープンソースのフレームワークです。CareKitで開発したiPhoneおよびApple Watchアプリは、患者が自分の症状や投薬状況をモニター、記録し、その情報を医師や医療機関、家族と共有できるようにします。
 
病状や健康状態がリアルタイムで正確に把握できるため、例えば患者本人が、発作の前触れなどを察知することも可能となります。また現在服用している薬や受けている治療の効果が測定できるので、治療方針が定めやすくなります。

アプリ第一号はパーキンソン病患者対象

Appleによれば、CareKitのアプリ第一号は、パーキンソン病患者を対象としたものになる予定です。なおCareKitは4月より利用可能となります。
 
Appleはすでに、医療分野の研究促進を目的としたオープンソースのフレームワークResearchKitも提供しています。
 
 
Source:Apple
(lunatic)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone SEはオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone SEのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Top