トップページ > 最新情報 > Appleが「Swift Benchmark Suite」をオープンソース化し、公開

読了まで 139

Appleが「Swift Benchmark Suite」をオープンソース化し、公開

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

swift
 
Appleは、Swiftのベンチマークソフト「Swift Benchmark Suite」をオープンソース化し、公開しています。

パフォーマンス測定に役立てることが可能

Appleは昨年、iOSとMac向けアプリを開発するためのプログラミング言語「Swift2.0」をオープンソース化しましたが、今回Swiftのベンチマークソフト「Swift Benchmark Suite」についてオープンソース化して公開しています。
 
ライセンスについてはSwiftと同様の「Apache License 2.0」で、パフォーマンスの測定に役立てることができるベンチマークなどが含まれています。具体的には以下のような特徴が挙げられます。
 
● 75のベンチマークにより、Swiftの重要なワークロードのカバーが可能
● ベンチマーク機能を提供するライブラリ機能
● ベンチマークを実行、パフォーマンスメトリックスを表示するドライバ
● Swiftの複数バージョン間で、ベンチマークメトリックスを比較できるユーティリティ
 
なお「Swift Benchmark Suite」は、プロジェクトのWebサイトから入手が可能となっています。
 
 
Source:9to5Mac
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる