iOS18の「マップ」で地形図表示可能になる可能性〜macOS 15にも追加か

    Map iOS18

    watchOS10が動作するApple Watchで利用可能な「マップ」での地形図表示が、iOS18やmacOS 15、visionOS2にも展開されるとの予想が伝えられました。

    iOS18では、「マップ」だけでも複数の機能が追加および改良される見通しです。

    目次

    地形図表示をiOS18やmacOS 15にも展開

    地形図表示iOS18にも展開された場合、登山中にApple WatchだけではなくiPhoneを利用する際の自身の位置確認とルート案内において有用と考えられます。

    iPhoneを使用していたら必ずApple Watchも使用しているということはありませんので、こうしたユーザーにとっては初めてAppleの「マップ」で地形図表示が利用できることになります。

    また、地形図表示が利用可能になるのはiOS18だけではなく、macOS15とvisionOS2も同様とのことです。

    iPadOS18は取り上げられていませんが、こちらでも利用可能になると期待されます。

    iOS18は史上最大級の改良が行われると噂

    iOS18では、「マップ」においてカスタムルート案内が利用可能になると伝えられていました。

    それに加えて地形図表示も追加されるのであれば、改良の範囲はこれまでよりも大きいと考えられます。

    iOS18は史上最大級のアップデートになると噂されていますので、こうした標準搭載アプリの大きめの改良も含まれているのでしょう。

    気になる点は、改良点が多い場合に安定した動作が確保されるかです。正式版のリリースまでに、ベータテストで十分な検証が行われることを期待します。

    Photo:Apple

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次